逆求人就活サイトとは

逆求人という言葉は就職活動をしている人ならば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

“聞いたことはあるけど、実際に内定を獲得するまでの流れが分からない”
“希望の求人から本当に内定を貰えるのか”

このように疑問を抱いている人は多いことと思います。
逆求人サイトとは、登録するだけで企業から面接してくれませんか?とスカウトが来る就活サービスのことです。普通の就活サイトとは違い、就活生側はどちらかというと受け身なのが特徴です。
企業からスカウトを受ければ就活イベントへの案内が届き、早期に内定を獲得できる可能性が高くなります。

それだけではありません。

自分が見てもいなかった業界からオファーがくることがあります。逆求人就活サイトでは、企業が学生のプロフィールを見てオファーを出す仕組みになっているため、オファーが届く業界もランダムです。
こうしたことがあり、自分が聞いたこともないような業界からオファーが届き、視野が広がります。多くの学生は自分の向き不向きを自分で決めていることが多いですが、意外と向いている業種は分からないものです。この様に、様々な業界の多くの企業に触れることは自分にマッチした業界、企業の存在に気付けるかもしれません。

逆求人サイトの良いところ

内定までの時間が短い
一般的な就活のフローはエントリーシートを提出して、人事の採用担当者が学生を吟味し、条件を満たした学生が選考に進むことができるのですが、どうしてもこういったフローの中に中間業務が挟んでしまいます。これに対して逆求人サイトでは学生にオファーを送ったらすぐに面接が始まるので採用にかんする時間を大幅に短縮できるといったメリットがあります。

内定を獲得しやすい
通常、企業は大量にあるエントリーシートを元に、どんな学生なのかを判断しています。こうしたエントリーシートは冒頭文の数行で判断されてしまうことが多く、時間的にどうしても学生一人一人を見ることが難しいのが現実です。
これに対し、逆求人サイトは学生のプロフィール一つ一つを見てオファーを送っているので、企業からオファーが来たとしたら、その企業から比較的興味を持ってもらっていると捉えて間違いないです。つまり選考に進めたとしたら、既に採用意欲の高い状態で選考を進めることができるといえます。

採用担当者と連絡を取り合って面談の日程などの調整が可能
希望する企業からオファーが来たら企業と連絡を取り合い、面談の日程を調整しましょう。オファーが来てから時間が経過してしまうと採用担当者がどのような理由でオファーを送ってきたのかを忘れてしまいがちなので、できるだけ早く面接日程の調整を行いましょう。

まとめ

今回は逆求人サイトについてまとめましたが、通常の求人媒体と違って求職者側が待ちの姿勢であることが特徴です。
自分が何をしたいかあまり分からないといった就活生や自分にあった企業、職種がよく分からないといった就活生に非常におすすめです。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ