7大商社とは

7大商社は下記の総合商社のことを指します。

三菱商事
住友商事
伊藤忠商事
三井物産
丸紅
双日
豊田通商

平均年収はどれくらいなのか

平均年収は1000万円ほどですが、社員の平均年齢は40歳くらいなので、年収1000万円を超えるためにはそれなりの勤続年数が必要になってきます。総合商社は高年収なイメージが強いですが、年収を上げていくためには数々の経験を積んで社員を引っ張っていく立場にならないといけません。

就職するために必要な資格は?

商社に就職する時に有利になる資格といったら簿記でしょう。ですが、3級以下は残念なことにプラスポイントにならないことが多く、目指すなら最低でも2級以上を目指したほうがいいです。簿記とはどの職種に就いたとしても共通認識として知っておかなければならない事項が多いですが、大手総合商社はより一層簿記の知識が必要になります。自分は経営学部ではないから簿記の知識はないというのはただの言い訳に過ぎません。
商社についてあまり詳しくない人について商社とは”商品の売買で利益を得ている業界”といった印象しかないかと思いますが、その他の業務も沢山あります。
トレーディングや事業投資などがその代表です。こういった事業は簿記の知識が必要不可欠になるため、商社を志望する際に簿記の資格を取っておくと高評価になるのはこのためです。

TOEICはどのくらい必要か

大手総合商社の選考で評価対象となるスコアが750点以上です。帰国子女でもないかぎり中々高いスコアに感じるでしょう。それはそのはずです。世界を相手にする会社に入社するのですからハードルは高くて当然です。配属先が海外になることも少なくありません。

7大商社が人気の理由

これらの商社の市場規模をまとめただけで40億円程とされており、十分日本経済を動かしているといえます。

こうしたことから


・経営が安定している
・給料が高い
・社会的地位が高い

などとの理由も合わせて人気の理由と言えるでしょう。

まとめ

総合商社と一言にいっても社風はそれぞれですが、やはり日本経済を動かしているといえることや給料が高い、社会的地位が高いといったことから就活生の間で人気が高い業界になります。また、就職を希望するのであればそれなりにハードルが高い業界ですので事前準備はしっかり行いましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ