グラフィックデザイナーの仕事内容とは

グラフィックデザイナーとは、身近なところで言えば広告代理店やweb制作会社などでweb広告やサイトのグラフィックのデザインを行う職業を指します。

グラフィックデザイナーの仕事の流れは下のようなものが挙げられます。

1.ヒアリング
2.デザイン制作
3.デザイン修正
4.納品

1.ヒアリング
デザインの制作はまず、クライアントからヒアリングをすることから始まります。

web広告のデザインですと、クライアントからプロモーションする製品、サービスの詳細について説明を受け、どのような製品にしたいかクラインとから要望を聞き出します。クライアントから聞いた内容を元にどういった方向性のデザインにしていくか決めていきます。

2.デザイン制作
クライアントから聞いた内容とデザインの方向性が決まり次第、デザインを作成していきます。

企業のロゴ、TOP画像などはクライアントと打ち合わせてカメラ撮影を行うこともあります。その後は素材に対してPhotoshopやIllustratorなどを使ってデザインを仕上げていきます。

3.デザイン修正
デザインに関してはどうしても主観が入ってしまうものなので修正はつきものです。クライアントから指摘頂いた内容を元に、一旦作成したデザインを修正していきます。

クライアントはデザインの知識がないので、相手に分かりやすく、また伝わりやすく伝えることが重要です。

4.納品
デザインの作成、修正が終わったらいよいよ納品です。

グラフィックデザイナーのやりがいとは?

グラフィックデザイナーのやりがいと言えば主に下のようなものではないでしょうか。

1.自分が作った作品を満足いただける
2.自分の制作物が評価につながる
3.制作したものがきっかけに商品がヒットすること

お客様と打ち合わせてヒアリングした内容を元に提案内容を作成するなど、答えのない問に対して想像力を働かせることが多いです。
仕事内容も責任が大きく、やりがいはありますが、プレッシャーが多いです。しかしこういったことを乗り越えて自分が作った作品をお客様に満足頂けると、やりがいを感じるものです。

グラフィックデザイナーで見につくスキル

グラフィックデザイナーとして身につくスキルは主に下の3つです。

1.photshopやイラストレーターなど編集ソフトの知識
2.プレゼンスキル
3.コミュニケーションスキル

1に関しては言うまでもないと思います。デザイナーなだけあってこれらのソフトを使ってデザインを作成していくのですから仕事を通じて必然的にこういったスキルは見につくものでしょう。

2に関しては、クライアントやメンバーと擦り合わせをする際にプレゼンをすることもあります。時には自分の提案内容とメンバーの意見がぶつかってしまうこともあります。そういった時に、なぜこの提案がいいのか、どういう意図を込めて作成したのかをプレゼンを通じて相手に伝えることも必要になってきたりします。

3.時にはクライアントから要望を頂くこともあれば、ヒアリングが必要になる時もあります。こういった時、クライアントの要求から意図を汲んで相手が何を求めているのか、アイディアを求められる時もあるでしょう。そういったときに真剣に仕事に取り組めば自然とコミュニケーション能力がついてくるものです。

まとめ

自分の作った制作物が人によって評価されるので、人によっては非常にやりがいを感じやすい仕事であると言えます。時にはクライアントの意図を汲み取ったりすることもあるので、コミュニケーションスキルが必要になります。
グラフィックデザイナーの活躍の場はIT化に伴い増加傾向にあります。自分にスキルを付けて独立するのもいいですし、一つの会社で活躍するのもよいでしょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ