そもそもマーケティング職とは?

マーケティング職は、広告と深い関係がある職種です。

企業が持っている商材を売るためには、戦略が必要です。
まず、だれに向けてうるのか(セグメンテーションとターゲティング)、そしてそこにどのようなニーズがあるのかを把握する必要があります。
単に広告を出すだけではモノは売れません。

そのため、マーケターは市場を調査し、どのようにしたらモノが売れるのかを理論的に考える必要があります。

つまりマーケターとは、
自社の商品やサービスの認知度を上げ、その購入につながるシステムを構築する仕事だと言えるでしょう。
マーケティングのお仕事には、コミュニケーション能力は不可欠です。

また、SNSなどの普及によって生活様式が変わった背景から、マーケティング職の仕事内容はさらに幅広いものになっています。

すなわちマーケティングのお仕事は、自社商品やサービスを世間により広く流通させる仕事ということになります。

マーケティングの種類ってどんなものがるの?

マーケティングといっても様々あります。
今回は、それらを一つ一つ見ていきましょう!

①CRM(Customer Relationship Managemant)

これは、顧客データを分析してマーケティングを行うことです。
簡単に言うと、顧客データを基にして今後の販売につなげていくことを目的としています。

②マーケティングデザイン

これは、先ほどの顧客データからターゲットとなる消費者のライフスタイルなどを打ち出し、それを商品企画や商品開発、さらには商品のパッケージ、グラフィックデザインへと形作る職種のことです。

③デジタルマーケティング

デジタルマーケティングは、ターゲットの消費者がWebでおこなった購入活動をはじめ、各コンテンツの閲覧歴などのデータを収集し、それを細かく分析する職種です。
このようにして分析されたデータは、消費者のニーズに合ったデジタルコンテンツの作成やWeb上でのサービス提供などに使用されます。

④コンテンツマーケティング

現在、Web上ではたくさんのサイトや動画、そして記事コンテンツなどがあります。
これらのコンテンツを利用して集客を狙うのが、コンテンツマーケティングです。
コンテンツマーケティングは、SEOやメディアディレクションのスキルをもちいて長期的な視点で需要を育てたりブランディングをしたり、あるいはファンを育てたりして最終的にサービスの契約や商品が売れることを目的としています。

⑤インフルエンサーマーケティング

普及したソーシャルメディアやブログ、SNSを背景に、有名芸能人やブロガー、インスタグラマー、YouTuberといった発信力のある人物に商品やサービスを紹介してもらう活動を、インフルエンサーマーケティングといいます。
彼らを使ってマーケティングを行うと、多くの人の目につくことが予想されますし、情報拡散にはもってこいの方法だということです。

他にもいくつかの種類はありますが、大きく分けるとこの5つに分けられると思います。

気になる年収は?

需要が高いマーケティング職。
では実際の年収はいくらくらいなのでしょうか。

もちろん、年収の差は企業や個人のスキルによって前後します。
しかしながら、平均でだいたい500万円くらいではないでしょうか。
日本の一般的な会社員の平均年収は400万といわれているので、マーケティング職の年収は比較的高いと言っていいでしょう。

外資系の企業に行けばさらに高く、800万~1000マン、実績次第でさらに高い年収が見込めます。

この年収という面も、人気の理由の一つであるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。

人気のマーケティング職ですが、種類は様々です。
就活の際には、自分がどのようなマーケティングをしたいのか、しっかり考えましょう。

就活の際には、「これがしたい!」という気持ちが大切です。
しっかり意思を固めて、皆さんが希望の職種に着けることを祈っています。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ