コンサルタントの年収と種類

コンサルタントの仕事の内容は、基本として問題を調査し解決することにあります。クライアントからさまざまな問題が提示された時に、分析しどのように解決するか有効なアイデアを提案するのが仕事です。企業が抱えている問題はそれぞれ違います。担当部署によっても異なるでしょう。コンサルタントによっては特定分野に特化している場合もあるのです。

人事コンサルタント

人事コンサルタントは、労務や人事に関することに特化しています。雇用関係などを整理する時に力を発揮するだけではなく、体制を刷新するような場合でもアイデアを求められる立場です。
人材を採用する際にもどのような形をとるのか、人材採用に直接関与する場合もあります。企業にとって重要な意味を持つ事になるため、さまざまな知識を要求されるのです。特に人が絡む部分であり、経験も必要とされます。

経営コンサルタント

経営コンサルタントは、企業の経営部分に対し力を発揮しなければいけません。対象となる企業は非常に多く、大小さまざまです。業界による違いも大きく影響するため、幅広い知識がなければ務まりません。要求される内容をもう企業の浮沈をかけるものが多く、新たな展開を求められた時に、プロとして失敗は許されない立場となります。
どこまで仕事の範囲にするかにより年収にも違いが出てきます。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、非常に現代的な仕事内容をもちます。ITに関する事であればなんでも相談にのれるだけではなく、経営に活かす方法などもアドバイスしなければいけません。IT業界に特化しているというより、他の分野の仕事をITに落とし込めるかどうかが、仕事の大きな要点となるでしょう。

コンサルタントの年収と種類

コンサルタントの働き方と年収

コンサルタントの働き方により年収は大きく異なります。よく知られているのはコンサルティングファームと独立開業の道でしょう。それぞれ働く上での立場も違い、年収としても影響が出てきます。

コンサルティングファーム

コンサルティングファームでは、チームで対応することが増えます。ひとつの案件を一人でこなすのではなく、プロフェッショナルとして複数のメンバーが集まり、精度とスピードを上げていくのです。他の業務を受け持つチームとの連絡も取り、クライアントの対応をしていきます。
非常に高度な組織であり、かなり高額な年収をもらえることもあるでしょう。能力次第では、若くても3000万円近い年収を得ている人もいます。歩合制になっている場合もあり、業績によって年収が変わりやすいのもコンサルティングファームの特徴です。

独立開業

独立開業は自分で開業し、営業した顧客に対してサービスを提供します。他の業種の独立とこの点では変わりません。しかし、コンサルタントとして、相手の企業の内情を知る立場になります。クライアントができるだけ利益を高められるよう努力する必要があるのです。
コンサルティングファームと違い、一人で活動している人も多くなります。年収はさまざまで、どのような企業を相手にするかで大きな違いが生まれるのです。一人ですので
、できる仕事には限界があります。コンサルティング料をベースとするため、利率の良い顧客を見つけることが出来れば、サラリーマンでは得られない報酬を得られる可能性もあるのです。

コンサルタントの働き方と年収

経営コンサルタントの報酬と年収

コンサルタントは仕事の内容により報酬が大きく変わります。クライアントの規模によっても違いますし、狙っている方向性によっても差が出てくるのです。その中で総合的なコンサルタントを展開しなければいけないのが経営コンサルタントになります。

定額報酬

定額報酬は、何かを完了した時に決められた報酬を得る方法です。単純で分かりやすい方法で、ひとつの業務で契約を結ぶことがほとんどです。契約の期間と報酬額を設定して分かりやすくなる一方で、コンサルタントとしては何人をもって完了とするのかが明確にならないとやりにくくなります。
要件の定義が曖昧になると、クライアントと意見が合わないケースも少なくありません。お互いの意識をはっきりとさせゴール地点が明確にすることが大切です。

成果報酬

成果報酬は、マイルストーンなどを置き、達成できた段階で報酬を得られる方法です。例えば売上がアップした時に、何パーセントの報酬を得るのかといった契約方法を取ります。答えが出なければ報酬を得られないため、小さな企業でもいないしやすくなるのがポイントです。割合に決まりがあるわけではないため、後からトラブルになるケースも出てきます。
成果報酬でも要件定義を明確にすることが大切です。

時間単位報酬

コンサルタントを行い、その時間に合わせて報酬を得るのが時間単位報酬です。分かりやすく言えば相談料などが当てはまります。基本は1時間単位ですが、高額になるケースでは30分単位にする場合もあります。計算が分かりやすい一方で、曖昧になりやすい問題を抱えるのが欠点です。
時間単位で報酬を得られるため、コンサルタントとしては収入を得やすいのは間違いありません。しかし、その後の仕事につながらない場合もあるため一長一短といっていいでしょう。

経営コンサルタントの報酬と年収

未経験からのコンサルタントの転職での年収

コンサルタントは高い能力を求められる仕事です。未経験から転職するような人もいますが、どのようにして年収を引き上げるか考えておく必要があるでしょう。この答えがわかれば新卒で入社しても、自分の将来像に繋げられます。

評価要素

コンサルタントとして重要なのが、評価要素です。どの点を評価するのかにより年収は変化するからです。コンサルタントファームなどでも違いますが、結果を出せば上がります。真面目に働いているから年収が上がるといった仕事とは違いがあると思わなければいけません。

外資と日経ファームなどの年収差

コンサルタントファームの年収は、多くのところは500万円から1千万円程度であるといっていいでしょう。しかし、外資と日系ファームでは練習には違いがあります。特に外資ではインセンティブが強く影響するため、日経ファームよりも1.5倍から2倍の年収を得られる場合も出てくるのです。
その代わり評価要素は厳しく、インセンティブですので、下がる時にも大きな影響が出ると思っていいでしょう。安定した練習を得たい場合には、日経ファームの方が向いています。

未経験からのコンサルタントの転職での年収

まとめ

コンサルタントの年収は、仕事の内容や規模によって大きな差がつきます。それでも独立開業できて、顧客数も抱えられれば、一人でも1億円単位の年収を得る人も少なくありません。
大事なことはそれだけのコネクションを作り、自分の能力を高めることです。どこで経験を積み働き出すのかによって違いもありますが、高いレベルを目指し研鑽を続けなければ年収は上がらない業界と言えるでしょう。

まとめ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ