【意見が対立したときにどうするか?】

 
「グループディスカッションで意見が半分に割れたとき、あなたはどのように対応しますか?」
IT・通信業界の面接で、グループディカッションをたとえ話に出してこのような質問をされたそうです。
友人Aはこの質問に上手く答えられなかったそうですが、自分の考えをはっきり答えることだけを意識したといっていました。
最終的にこの企業に内定をもらいました。
 
絶対的な正解はないので、自分がこのような質問をされた際にどう答えるのかイメージしておくだけでも十分だと思います。

【あなたを漢字一文字で表すとなんですか?】

 
この質問は、自分の事を深く理解しているかどうかを問う質問です。
ある企業の人事の方は、「自分の事を十分に理解していない人が、他人のことを理解できるはずがない!」とおっしゃっていました。
 
また、選んだ漢字によって相手に印象を残せるかも重要です。
ここでは奇をてらった答えをしてみては?
なぜえらんだのか、理由を詳しく話せるといいですね!
 

 

【あなたを漢字一文字で表すとなんですか?】

【あなたはどんな人がきらいですか?】

 
この質問は、その会社での適応能力を測る意図があります。
この質問をされた人曰く、
これはそのまま答えるよりも、「嫌いな人」を「苦手な人」に言い換えたほうがよいそうです。
正直に答えすぎるとマイナスイメージをもたれてしまうので、自分が思う、「常識に反した人」の例を答えるのがベスト!とのこと。

 

【あなたはどんな人がきらいですか?】

【女性を口説く方法ってなんだと思う?】

 
こういった類の質問には「営業に向いてるか」を遠まわしに探る意図があるといいますが、本当のところはわかりません(笑)恋愛の仕方を見れば仕事ぶりがわかるとも言われますが・・・。
こんな質問にも、その場で考えて答えられる臨機応変さがある人かどうかも見ているのでしょう!
 

【女性を口説く方法ってなんだと思う?】

【学生と社会人の違いって何だと思いますか?】

 
「責任」というキーワードは押さえておく必要があります。
紛れもなく一番の違いは責任の大きさでしょう。社会人になる決意が感じられるようにはきはきと自分の意見を言えると良いですね! 
社会人と会話をする機会を通して、社会で働くとはどういうことなのかを考えておくと良いかもしれませんね!
 
 

 

【学生と社会人の違いって何だと思いますか?】

【あなたの生きがいは?】 

 
「あなたの生きがいはなんですか?」という質問は、一見綺麗な言葉を並べれば答えられそうに思いますが、実は嘘がつけない深い質問です。
飾った自分は捨てて、本当の自分を面接官に見せることが大切ですね。
 

【結果が出ないときどういう風に対応しましたか】

 
「私は、結果にこだわる性格です。結果が全てだと思っているので、志望している営業職では、常に結果を貪欲に追い求めたいと思います。」
こう答えた就活生に対し、面接官が
「では、今までに結果が出なかった経験はありますか?」
「結果が出ない場合、あなたはどう対応してきましたか?」
と深堀をしてきたそうです。
上手く答えることができず、自分が何を答えているのかわからなくなってしまった、
こう答えていた友人も、次の面接にすすむことができました。

【結果が出ないときどういう風に対応しましたか】

【あなたを動物にたとえると】

「あなたを動物に例えるとなんですか?」
こんな質問をされることが実際にあるといいます。
私の友人は最終面接でこの質問をされたそうです!
その友人は「申し訳ございません、考えたことがありませんでした。」
と答えて内定をもらっていました。質問の答えはあまり重視していないのかもしれませんね。突然の変化球にどう対応していたかを見ていたのでしょう!

【あなたを動物にたとえると】

【まとめ】

変化球を打ち返すのはなかなか難しいですが、思ってもないことを口走ってしまうのではなく、正直に自分の言葉で伝えることを意識しましょう!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ