【3大NG質問】

① 企業HPやパンフレットに出ている情報などに関する質問
企業研究の浅さはここでばれてしまいます。
「福利厚生はどのようになっていますか?」というのは逆質問例の定番ですが、漠然とした内容であるのに加え、これも調べれば自己解決する場合がほとんどです。
 
② 聞く意味のない質問
「お子さんは何人いらっしゃいますか?」なんて聞く人はいないと思いますが、
それを聞いてなんの就活においてメリットがあるのかわからない質問はNGです。
 
③ 仕事への熱意を疑われるような質問
給料や昇給、特に聞きがちなのが、休暇についての質問。
気になるところではありますが、相当質問の仕方を工夫しない限り
就活においては聞くべきではないです。
  

【3大NG質問】

【人によって適切な質問は異なる】

 

面接官によって質問内容は変えるべきです。
 
人事の方であれば、就活生からの質問には大抵答えられると思いますが、
中には他の部署の方が同席していることも。
選考が進めば、役職・立場が上の人が面接官として出てくる傾向にあるので、
聞くべき質問内容は毎回異なります。
 
質問内容を評価してもらうために、どんなに内容が適切かを考えて事前に準備しておきましょう!
 

【人によって適切な質問は異なる】

【質問は最低5、6個は用意すること】

 
質問はなるべくたくさん用意していきましょう。
最低5,6個は用意していかないと、もし面接中に答えが出てきた場合、その質問は聞く事ができません。緊張のあまり面接官が話したことを忘れてしまうのもNGです。
「同じことをまた答えなければいけないのか」、とマイナス評価になってしまいますよ。
 

【質問は最低5、6個は用意すること】

【質問も基本は「コミュニケーション」】

 
面接で大切なことは、「面接官とうまく会話のキャッチボールをすること。」です。
それは逆質問の際も同じで、質問を投げかけて返ってきた答えに対して、自分の考えも添えて返すことが大切です。ただ「ありがとうございました」ではキャッチボールになっていません。
 
それに、YESかNOで答えられる質問も、面接官は味気ないものと捉えるかもしれません。
言葉のやり取りをここでも意識して、YES・NO質問は控えるべきでしょう。
 

【質問も基本は「コミュニケーション」】

【逆質問のパターン】

 
① 自分の資質を示すための質問
(例)「御社で活躍するために、私のこれまでのキャリアやスキルで足りないもの、補うべきものは何があるでしょうか?」
 
② 意欲を見せるための質問
(例).「○○さんの具体的な一日の業務の流れがどのようなものか教えていただけませんでしょうか?」
 
③ 相性を確認するための質問
(例)「この仕事の大変なところとして心得ておくべきなのは何だとお考えですか?」

 

【逆質問のパターン】

【自分をアピールし過ぎる質問は是非が分かれる。】

 
自己アピールを織り交ぜた質問は、少し上級者のテクニックだと思います。
うまく言い方を工夫できる人にとっては武器になりますが、
ヘタな聞き方をすると逆質問という場の趣旨をはき間違えていると捉えられる場合も・・。
 
自己アピールを織り交ぜて質問する際は、あくまで謙遜の気持ちを忘れずに。
 
例)今後~~のスキルを高めていきたいと考えているのですが、これは御社への貢献につなげることができますでしょうか?
 

【自分をアピールし過ぎる質問は是非が分かれる。】

【逆質問の例】

 
「私と同年代で入社し、その後活躍している人でどんな事例がありますか?」
・「人事として、どの様な社員をもとめていますか?」
・「御社で成長する人材とはどのような人材ですか?」
・「社会人になるにあたっての心構えや、今やっておいた方が良い事をお教え下さい」
・「私が志望する~~で活躍する為に、何か身につけた方が良いなスキルはありますか?」
・「私の特技である○○は~~の分野で活かせると考えていますが、実際はどうでしょうか?」・「もし、私が御社で働けることになったとしたら、3年後にどの様なスキルを身につけておけば良いのでしょうか?」
「仕事をする上でもっとも大切にすべき事は何でしょうか?」
・「会社が成長していった理由をお教えください」
・「今回の応募者に一番求めているのはどのような事でしょうか」
・「成長していく上で必要になるスキルは何があるでしょうか」

例引用元①:http://doda.jp/guide/manual/4/006.html#q1
例引用元②:http://next.rikunabi.com/03/gyaku_q/gyaku_q_01.html

 
これで逆質問も怖くありませんね☆
丸暗記はせずあくまで一つの例として、参考にしてください。
自分も言葉で逆質問バンバンしましょう!

あわせて読みたい記事はこちら!

画像引用:https://gakumado.mynavi.jp/contents/m/articles/style/_tu_novartis/index2.html http://aoyamakk.biz/02/ http://careerbaito.com/column/detail/19 http://daikore.com/post-936/ http://irorio.jp/asteroid-b-612/20130726/70695/ http://magnetpress.net/2013/kiji17295.html

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ