なぜ最終面接で落ちてしまったのか

最終面接まで行くのに、なかなか内定がもらえず、何社も惨敗を続けているという方の多くが、なぜ最終面接で落とされたのか分からないと口にします。

他の候補者に比べて劣っていたとは思えない、むしろ自分のほうが優れていたのに何故かと思い悩む方も少なくありません。

ですが、落ちてしまう方には共通の理由があることが多く、落ちた理由は実はエントリーをする最初の時点から決まっていたともいうことができるのです。

エントリーする時点から決まっていたとすれば、裏を返せば、その会社に対するすべての就活の時間を無駄に使ったことになります。

その時間を使って、別の会社にアプローチできていれば、よりスムーズな内定がもらえていたかもしれないのです。

落ちている人には共通の理由があった

では、最終面接で落ちた方の共通の理由とは何なのでしょうか。

それは、その会社と価値観が合っていない、一緒に働いていきたいと思われなかったというこ

新規会員登録はこちら
ページトップ