1位:どんな所でもやっていける環境適応力

「異国にいって初めてだらけの中でも1年間過ごせた経験は、就活でもアピール出来た。」
「海外に比べたら日本は全てにおいて整っているから、就活もあまり辛いと感じなかった。」

留学した経験者の大半の人がこれを1位にあげてくれた。やはり日本のように整った環境から異国のタフな環境に身を置くことでバイタリティーや主体性などの環境適応力が身につくのだろう。

2位:自分の意見を伝えるコミュニケーション能力

「その国の人や他の国の留学生との交流で身についた日本人に足りない自分の意見を伝えるコミュニケーション能力は、就職活動中も役に立ったと思う。」
「その場にいて黙って座るだけじゃ評価されないので、初めは戸惑ったけどやらなきゃと思って頑張ってトライしていたら徐々に出来るようになった。まだまだ自分の意見を外国の人に伝えることは出来てないけど、この経験が自信になって就職活動も自分をアピール出来た」

よく日本人は周りを気にして自分の意見を主張しない

新規会員登録はこちら
ページトップ