就活の心得・マナー

  • お気に入り
  • 0SCORE

外資就活生必見!外資就活生が陥りがちな”罠”とは?

外資就活生必見!外資就活生が陥りがちな”罠”とは?

未だに人気が衰えない「外資系企業」の選考ですが、優秀であるからといって外資で内定を取れるとは限らないのが、外資系企業が難関と言われる理由です。

そんな外資系企業の内定を目指す。外資就活生が陥ってしまいがちな罠があるので、就活を控えている方は注意しましょう。

今回は、外資就活生が陥ってしまいがちな罠とは、どういったことが考えられるのか詳しい内容を紹介していきます。

外資内定の道は難関

外資系企業は、一時の伸び具合と比較すると、人気は少し下がっていると言われています。それでも、未だに高い人気があり、倍率は100倍以上になる企業もあるそうです。

優秀な就活生でも、選考の準備を怠ってしまうと、容易には受かることが難しいので、外資内定は厳しい状況にあります。

また企業も、優秀な就活生だけを採用する訳ではなく、社風にマッチした人材を求めている傾向にあることから、就活生は求められている人物像を理解した上で、外資系企業の選考に挑むことが大切です。

どれだけ成績が良くても、外資内定をもらえることなく、日系企業の就活に挑むことになる就活生も多いので、早めに準備を整える必要があります。

外資就活生が陥ってしまう罠とは?

外資就活を行う学生は、就活に慣れたタイミングで日系企業のインターン選考に参加する流れになることがほとんどです。そのため、日系企業の選考では有利になると思われがちでしょう。

しかし外資就活生は注意しないと、陥ってしまいがちな罠があるので、事前に把握しておくことが大切です。

グループディスカッションで調子に乗ってしまうこと

外資就活をしている学生は、すでに外資系企業の選考を受けていることから、日系企業だけインターン選考に参加する学生とは、慣れという部分で差が出てしまうことがあります。

そのため、グループディスカッションにおいて、あまり発言しないこともある学生に対して、調子に乗って相手を見下してしまうことがあるのです。

結果、他の就活生から反感を買ってしまったり、就活生としての真摯さが面接官に伝わらない可能性があります。

例え、優秀な就活生であったとしても、協調性がないと思われてしまうと、日系企業の採用が叶わないこともあるので、選考に対しての姿勢には注意が必要です。

外資ならではのツールを日系企業で駆使する

SWOT分析や3Sチェックなど、外資ならではのツールを説明せずに駆使して選考を受けると、日系企業の面接官には言いたいことが伝わらないことがあります。

選考を受ける企業には、企業なりの社風や求めている人材が異なるので、外資系企業を受けたことがある自分を引き合いに出してくると、誤った方向性で選考を受けてしまう可能性があるので注意しましょう。

海外に行くのが夢など志望動機が不明慮

壮大な夢を面接の場で語ることは大切ですが、選考を受けている日系企業が目指しているビジョンと相違があれば、選考に落ちてしまうことがあります。

日系企業の選考を受けているにも関わらず、海外で活躍するのが夢など、的外れな回答をしてしまうと採用されない可能性が高くなってくるでしょう。

夢を語ることは良いことですが、選考を受ける企業とのミスマッチがないように気を付けることが大切です。

外資就活生が陥ってしまう罠とは?

外資就活生の罠にハマらないためには

外資就活生が日系企業の選考を受けることになった場合、紹介したような罠に陥ってしまうことがあります。そういった罠を回避するためには、どういったことに注意するべきなのか、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

選考では真摯な姿勢を見せることが大切

外資系企業の選考に参加することができるということは、外資就活生として優秀であることは間違いないでしょう。そのため、外資系企業の内定を取っても取れなくても、今まで努力してきたことは大切なことです。

しかし協調性や社風を重要視しない就活生は、どこの企業でも嫌煙されてしまうことがあります。そうならないためにも、外資系企業・日系企業問わず、真摯な姿勢で選考を受けることが大切です。

まずは就活生として、内定を取ることが大切なので、どこの選考でも真剣に取り組むことが重要になります。

PDCAサイクルを常に意識する

外資就活生として、選考に参加した就活生であれば、PDCAサイクルの中の「P(計画)」と「D(実行)」の段階を終えていると言えるでしょう。

次に大切なことが「C(チェック)」と「A(改善)」です。今までの選考を通じて、どういった点を修正することが重要なのか、客観視することで選考を無事に乗り切り、内定をもらえるチャンスに繋がることができます。

改めて、自分のチェックしないといけないポイントを把握して、選考に臨むようにしましょう。

外資就活生の罠にハマらないためには

まとめ

外資就活生は、選考に参加することができる時点で、優秀な就活生であると言えます。しかし真摯な姿勢を示すことができなければ、企業も内定を出すことはできません。

今回紹介した、外資就活生が陥りがちな罠について理解し、回避する方法を実践してみてください。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ