文系就職と理系就職の違い

文系と理系の就職では、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴を紹介していくので、参考にしてみてください。

文系就職の特徴

文系就職の特徴としては、学部や専門分野について重要視されることが少ないという特徴を持っています。そのため、理系よりも職種の選択肢の幅が広いといったことが考えられるでしょう。

様々な企業に応募することができるので、自分がチャレンジしてみたい職種に応募することができます。

文系就職としては人柄や企業へのアピールなどの要素が重要視される傾向にあるのも、差一つのポイントです。コミュニケーション能力や社交性なども採用されるためには重要になります。

他にも、文系就職では推薦が少ないのが特徴です。理系では、推薦制度で企業を紹介されることがありますが、文系では自由応募が基本となります。

そのため、理系と比較すると就職で内定をもらうことができる期間が長くなることもあるでしょう。

理系就職の特徴

理系就職の特徴としては、専門的なスキルが求められる傾向にあります。そのため、面接は通常の面接とは異なり、技術面接を行うこともあるのです。

技術面接とは、「法則について説明してください」など、大学での研究内容について発表を求められることがあります。技術的な知識や能力が備わっているのかが、理系就職の場では重要視されるでしょう。

また文系とは異なり、推薦が多いのが特徴です。研究成果や教授に認められることで、推薦を活用して企業の選考に参加することができます。

文系就職と理系就職の違い

文系の就職にオススメの職種や業界は?

文系の就職には、どういった職種や業界がいいのでしょうか。オススメの職種や業界について紹介していくので、参考にしてみてください。

公務員

文系の就職にオススメなのが、公務員です。求められる職種も様々で、国家公務員や地方公務員などがあります。

公務員には、専門分野が必要になる職種もありますが、文系の場合はほとんどの職種に応募することが可能です。

事務職

文系の就職先として事務職もオススメです。人事や総務などの部署があり、文系で学んだことを活かすことができます。

文系の中でも法学部なら法律関連の部署、文学部であれば教育関連といった、学部によってオススメの業界が違うので、自分の学んだことが活かせる業界を探してみてください。

営業職

営業職も文系の就職先としてオススメです。コミュニケーション能力が求められるので、理系よりも文系の方の方が内定をもらえる可能性があります。

文系の就職にオススメの職種や業界は?

文系大学生が選ぶ人気企業ランキング【2021年度版】

1位:JTBグループ
2位:全日本空輸(ANA)
3位:東京海上日動火災保険
4位:ソニー
5位:日本航空(JAL)
6位:味の素
7位:伊藤忠商事
8位:コナミグループ
9位:ソニーミュージックグループ
10位:アサヒビール

毎年人気がある大手銀行グループの他に、航空業界も訪日外国人の増加により、文系学生の就職先として人気が上昇しています。

気になる企業があれば、チェックしてみてください。

文系大学生が選ぶ人気企業ランキング【2021年度版】

文系の就職のポイント

文系の学生が就職するためのポイントは、どういったことが考えられるでしょうか。紹介していくので、参考にしてみてください。

インターンに参加

企業のインターンに応募して参加すれば、仕事の向き不向きについて判断しやすくなります。また企業のインターンは希望している企業であれば、就職に有利になることもあるので、積極的に参加していきましょう。

資格を取得

就職に有利な資格を取得することも、就職に有利になるポイントの一つです。簿記2級などの資格を取得しておくと、経理などの事務職の就職に有利になります。

またお金の流れについても知識を得ることができるので、資格を取得しておいて損はありません。

文系就職の就職活動で押さえるべきポイント

文系就職のために、就職活動で押さえるべきポイントを把握しておくことが大切です。どのようなところがポイントなのか、紹介していきます。

計画性を重視

文系就職するためには、計画的に準備することが大切です。選考が始まってから準備していては、先を越されてしまいます。

大学3年生頃から、準備を始めておくようにしましょう。

経験を重視

学生時代の経験をまとめておくと、大きなアピールポイントになります。具体的なエピソードを用意しておけば、選考の際に有利です。

文系のメリット

文系は、どのような点においてメリットを感じるのでしょうか。文系のメリットについて紹介していきます。

時間が確保できる

文系は理系と比較すると、時間が十分に確保することができるのがメリットになります。理系の場合は、研究に時間を割くことになりますが、文系は就活に時間を割くことができるので、就活に有利に働くでしょう。

知識の幅が広い

文系は、知識の幅が広いことから幅広い職種から、就職先を選択することができます。営業から事務職までは、幅広い職種が就職先になるでしょう。

まとめ

文系就職は、幅広い職種や業界を選択することができるため、事前調査しておき、どのような企業に入りたいのか把握しておくことが大切です。

今回紹介したオススメの業界などを参考に、志望する企業を見つけていきましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ