面接の質問の意図について

面接官は、選考で様々な質問を行います。その質問の内容には、しっかり意図があるので、就活生は求められている回答を行うことで、内定率を高めるきっかけになるでしょう。

企業の社風とマッチしているのかなど、回答によって面接官からの評価も変わってくるのっで、しっかり意味を持った回答を用意することが大切です。

面接の質問24選

就活の場面で、面接のときに質問される内容は様々です。その中でも、よく質問される内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.志望動機について

就活の面接において、志望動機はほとんど聞かれます。なぜ志望企業にこだわるのか、具体的な動機を説明しましょう。

2.自己PR

自己PRについては、企業が求める人材であるか資質や適正を確認するために質問されます。ミスマッチにならないように、自己PRを考えておきましょう。

3.弊社が第一志望なのか?

第一志望かの確認によって、内定を出すかどうか判断されます。回答としては、第一志望であると回答することが重要です。

4.学生時代に頑張ったこと

学生時代では、どのようなことを頑張ったのか、就活生を知るために質問されます。自己PRに繋げられるような回答をするといいでしょう。

5.長所

客観的に、自分のことを見ることが出来ているのかどうかが質問の意図です。エピソードと繋げて回答できると、さらに評価は高くなります。

6.短所

短所についても、客観的に自分のことを見ることが出来ているのか確認するために質問されます。長所に繋げることができれば、評価も上がるでしょう。

7.性格

自分の性格について、どう考えるのか、質問されることがあります。意図としては企業の社風にマッチした人材であるか確認するために聞かれることが多いでしょう。

8.周囲からどんな風に思われているのか?

周囲からの評価についても、理解出来ているのか確認する質問です。周囲との関わりがうまくいくのかなど、理解するために質問されることがあります。

9.リーダーシップを発揮した経験

今までの生活において、リーダーシップを発揮した経験はないのかといった質問をされることがあります。

今後の組織的な行動ができるのかといった点を確認する意図があるでしょう。

10.何年後かの自分のイメージ

会社に入った後のイメージが出来ているのか質問されることがあります。キャリアプランがハッキリしているのか、確認するために質問されることがあるでしょう。

11.将来の夢は?

企業と就活生の将来の夢の方向性が一緒なのか、確認するために質問されます。ミスマッチの場合は内定が怪しくなるでしょう。

12.あなたにとって働くとは?

働く意義について質問されることがあります。それは、社会人としての覚悟があるのか確認するための質問であるため、自分自身に向き合って回答を考えておきましょう。

13.就活の軸

就活の軸がぶれている場合、なぜ志望したのか疑われてしまうことがあります。自分なりの軸を探しておくことが大切です。

14.研究について

理系の場合は、研究について説明が求められることがあります。具体性を持って、仕事にはどう活かすことができるのか、回答することが大切です。

15.学生生活で得たこと

学生時代では、どのようなことを得たのか、何を目的に行動していたのか、学生のことを知りたいために質問されることがあります。

16.学生と社会人の違い

学生と社会人の違いについて質問されることは、どのような考えを持っているのか、聞きたいというのが面接官の意図です。自分の切り口で回答していきましょう。

17.尊敬する人物

尊敬する人物は誰なのか、方向性を知るために質問されることがあります。

18.趣味や特技

どのような趣味や特技があるのか、就活生を知るために質問されるので、素直に回答していきましょう。

19.休日の過ごし方

就活生のことを知るために質問されることがあります。怠惰な印象を与えないようにすることが大切です。

20.読んだ本の印象

今まで読んだ本の印象を聞かれることがありますが、興味や志向性を求めるために質問されます。課題意識を持って、どういった本を読んでいるのか紹介することが大切です。

21.気になるニュース

時事問題に対して、しっかりインプットしているのか確認するために質問が行われます。自分の意見を持って回答することが大切です。

22.自分を○○に例えると?

特殊な質問ですが、自分の長所や短所がしっかり活かされた回答をするかどうかが求められています。

23.最後に何か質問はありますか?

面接の最後には、就活生から質問はないかと聞かれることがあります。志望する企業への熱意を表現することができるので、しっかり質問内容を考えておきましょう。

24.最後に一言ありますか?

最後の一言を求められることがあるので、自分のアピールしたいポイントを面接で話していないのであれば、伝えておくことが大切です。

面接の質問24選

質問に焦ってしまう時の対処法

面接の場では、何かと緊張してしまうことがあります。その場合は、深呼吸をしてゆっくりでもいいので、自分なりの回答を求めることが大切です。

焦らずに、平常心と回答することを意識してください。

質問に焦ってしまう時の対処法

まとめ

就活でよくある質問を紹介していきましたが、事前に対策しておけば、面接官が望む回答を出すことができるので、しっかり検討して就活に臨みましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ