そもそも、内定辞退は可能?

結論から言うと、内定式後の辞退は可能です。
内定というのは、その企業で働けるというお約束をいただいた段階で、雇用契約も結んではいない状態であるため、辞退したといっても法的措置が課せられることはありません。

しかしながら、モラルの側面からすると、内定辞退は先方に対して多大な迷惑をおかけしてしまいますし、好ましい行為ではありません。

自分の面接や内定式での段取りなど、先方が割いてくれた時間を無駄にしてしまうわけですから、当然、申し訳ないという気持ちも強くなっていることでしょう。

しかし就活は自分の将来を決める大事な一歩になりますし、内定式後に辞退したくなってしまう学生も少なからずいることはまた事実です。

これを踏まえたうえで、辞退する際のモラルとマナーを解説していきたいと思います。

辞退の際の流れ

内定を辞退する際の流れは、簡単に言うと

①メールで意思を伝える
②その後に直接会う、または電話で直接意思と謝罪を伝える。

の2点です。

辞退を決めたら、まずはメールで先方にその旨を伝えましょう。
先ほども触れたように、内定辞退は決して褒められた行為ではありません。

辞退のメールを送る際には、しっかりと自分の意思を確認しましょう。

内容を打ち込む際、理由は率直に書くことが好ましいです。
申し訳ないという気持ちから、印象は最低限良くしたいと思うかもしれませんが、嘘をつく必要はありません。
先方とはこれからの社会人生活で、どこかで関わる可能性がありますので、円満に解決することが好ましいでしょう。

とはいっても、メールの打ち方が分からないという人も多いはず。
必ずしもこの文面でというわけではありませんが、例として参考になればと思います。」

件名:内定辞退のご連絡

株式会社〇〇
人事部人事課 〇〇様

お世話になっております、〇〇大学〇〇部〇〇科の〇〇です。
この度は採用内定の通知を頂き、誠にありがとうございます。
貴社に評価をして頂けた事は大変嬉しく、光栄に思っております。
このような機会を頂きながら誠に恐縮なのですが、
自身の就職活動を熟考した結果、他の企業とご縁を感じたため
貴社の内定を辞退させて頂きたく、ご連絡を差し上げました。

本来なら直接お伺いしてお詫びしなければならないところ、
メールでのご連絡になりますことを重ねてお詫び申し上げます。
最後になりましたが、貴社ますますのご発展をお祈り申し上げます。

内定辞退をメールのみで伝えるのは失礼にあたりますので、しっかりとその意思を直接伝えるようにしましょう。

直接会ったり、電話したりするのはとても緊張すると思います。

これも、電話で伝える際の例文を載せますので、参考にしてください。

内定者の◯◯と申します。先日は内定式でお世話になりました。
いただきました内定につきまして、お伝えしたいことがあり、お電話いたしました。10分ほどお時間よろしいでしょうか。

将来について考えた結果、御社の内定を辞退したく、ご連絡いたしました。御社から内定をいただいてからも就職活動は続けていました。現在選考が進んでいる他社への志望度の方が高いため、御社の内定を辞退したいと考えております。ご理解いただけます幸いです。

採用にあたり、たくさんの時間を割いていただいたにもかかわらず、大変申し訳ございません。内定辞退に伴い◯◯様には多大なご迷惑をおかけしてしまい、恐縮ですが、何卒ご了承いただけますと幸いです。

内定式後に辞退する際の気を付けるべきマナーとは

内定辞退の際に絶対NGなのが、先方からの連絡を無視することです。

企業には採用計画というものがあり、毎年計画的に採用しています。
あなたが内定辞退を連絡しないでいると、その分の補填を企業ができなくなり、結果的にただ内定辞退するよりも大きな迷惑をかけることになります。
あなた自身の信頼も失ってしまいますので、内定辞退は誠意をもって伝えましょう。

これからの社会人生活を気持ちよく過ごしていくためにも、内定辞退の際のマナーには気を付けましょう。

内定辞退の前に

内定を辞退したい!と思ったときに、まず確認してほしいことがあります。

それは、

①内定ブルーに陥っているのではないか
②内定辞退後の進路は明確に決まっているのか
③判断は自分自身で行ったものであるか

の3点です。

一度内定を辞退してしまったら、そのあとはもう取り返しがつきません。

辞退したいと思った明確な理由を改めて考え、その場の勢いだけで決断しないようにしましょう。
辞退した後に後悔する、というパターンも少なくはありません。

思い立ってから2.3日は自分自身と向き合い、見つめなおす時間を取りましょう。

まとめ

いかがでしたか。

内定辞退は決して好まれる行為ではありませんが、就活は企業のために行っているのではなく、自分のために行っている行為です。

辞退の際はしっかりと考えてから決断するようにしましょう。
皆さんの社会人生活が納得できるものになるよう、心から願っています。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ