就活マナー

  • お気に入り
  • 0SCORE

就活で使う封筒について~サイズなど正しい選び方を紹介します!

就活で使う封筒について~サイズなど正しい選び方を紹介します!

就活では、履歴書を送付する時に封筒に入れて郵送することがあります。その際に、封筒の書き方やサイズ選びは、どのように選択すればいいのでしょうか。

今回は、就活で使用する封筒について、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

封筒の書き方について悩む就活生は意外と多い

就活の場面において、志望する企業に封筒を送る機会は多いでしょう。そんな時に、封筒の書き方について悩む就活生は、意外と多いのが特徴です。

日常生活において、封筒を利用する機会は少なく、いざ就活で封筒が必要になった時、どのように対応すればいいのか困ってしまいます。

就活において、封筒に対してビジネスマナーを抑えておくことも求められるので、封筒だけでも注意しないといけない点はいくつかあるでしょう。

履歴書が志望している企業に届けばいいという訳ではなく、快く受け取ってもらう必要があるので、封筒の書き方についてはしっかり把握しておくことが大切です。

封筒の書き方など、ビジネスマナーをしっかりしていないと、それだけで印象が悪くなってしまう可能性もあるので、大切なポイントは抑えておく必要があります。

封筒の書き方について悩む就活生は意外と多い

正しい封筒の書き方

就活の時に、いざ封筒を用意しても正しい書き方を知らないと、間違った書き方を実践してしまう恐れがあります。ビジネスマナーとして、大切な要点を抑えて、正しい封筒の書き方を覚えていきましょう。

まず封筒には、「和封筒」と「洋封筒」の2種類があります。その際に、和封筒であれば縦書き、洋封筒であれば横書きが基本です。

・封筒の表側の書き方

就活での封筒の書き方として、表側には宛先の郵便番号を記入します。見やすく丁寧な文字で記入するようにしましょう。

郵便番号の下には、住所を記入します。住所が長い場合には、改行などを考慮した上で、バランスよく書いていくことが大切です。都道府県などもしっかり記入して、ビル名がある場合には階数も正確に記入する必要があります。

宛名については、列の高さを住所と同じ高さに合わせることが大切です。社名は(株)といったように省略してしまうと、失礼になってしまうのでしっかり記入する必要があります。

・封筒の裏側の書き方

封筒の裏面には、自分の住所と氏名、日付を左側に記入します。都道府県から正式名称で描く必要があるので、略さないようにしましょう。

アパートや部屋番号などの情報も記載する必要があるので、細かい項目まで丁寧に記入してください。

またいつの応募か、採用担当者がわかるように、郵送した日付を記入しておくと気遣いがしっかりできていると言えます。

正しい封筒の書き方

宛名を書く際の注意点

就活で使用する封筒に、宛名を書く時には、いくつか注意点があります。どのようなことに注意しないといけないのか紹介していきましょう。

・ボールペンは滲まない物を選択

就活用の封筒に宛名を書く時は、インクが水に滲まない物を選択する必要があります。そのため、水に強く滲みにくいボールペンで宛名を書くことが大切です。

またペンの太さについては、決まりはないのですが、文字のバランスを調整しやすい0.5mm~0.7mmnボールペンがおすすめになります。

・切手は貼り方や種類に注意

封筒を郵送する時に、切手を貼る必要がありますが、料金に間違いないように注意する必要があります。また貼り方を綺麗にして、種類も間違えないように心がけることが大切です。

封筒に貼る切手も、見栄えがいいことで印象をよくすることができます。

宛名を書く際の注意点

封筒の閉じ方のポイント

就活用の封筒を閉じる場合、封はテープではなく糊で閉じる必要があります。テープは見栄えが悪くなるだけでなく、粘着力が弱く、途中で剥がれてしまう恐れがあるので、糊の方が適切です。

また封筒を閉じる前に、履歴書や添え状が入っているか確認しておきましょう。

封筒の閉じ方のポイント

就活は封筒まで気を配る

履歴書の書き方や添え状などのビジネスマナーを意識することも大切ですが、封筒の書き方まで気を配るのが、就活の場面では重要になってきます。正しく記入することで、採用担当者に真摯な姿勢を示すことができるので、採用の可能性も高くなる可能性があるでしょう。

些細なことからも知れませんが、封筒の書き方を正しく行わないだけでも、評価の対象になるので、ビジネスマナーとして身につけておくことが大切です。

まとめ

日常生活において、封筒を書くということが少ない就活生にとって、いざ就活で封筒に宛名を書こうとした時に、正しい書き方を知らないということはよくあることです。

封筒一つでも、ビジネスマナーの評価対象となることから、少しでも採用される可能性を高めるために、正しい書き方を覚える必要があります。

今回紹介した封筒の書き方を参考に、就活の場面で失敗しないように意識して、丁寧書いてみてください。丁寧に書くことで、真摯な姿勢を表すことができるので、採用担当者方の印象を高めることができます。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ