就活マナー

  • お気に入り
  • 0SCORE

就職活動で電話をかける前に注意したいこと

就職活動で電話をかける前に注意したいこと

就活では、企業に電話をかける機会は多いでしょう。そんな時に、先方に失礼がないように、ビジネスマナーを把握しておく必要があります。

今回は、就活において電話をかける際に、注意したいビジネスマナーについて紹介していくので、参考にしてみてください。

就活で電話をかける際の注意点

就活では、企業に電話をかける際の対応で、採用の可否が変わるほど、ビジネスマナーが重要になることがあります。就活で電話をかける時、どのようなことに注意しないといけないのか紹介していきましょう。

・電話をかける場所

企業に電話をかける際には、ビジネスマナーとして静かな環境で行う必要があります。電話をかける場所を見誤ってしまうと、周囲の雑音に声がかき消されてしまい、聞こえづらくなることがあるのです。

特に、電車に乗っている時や人が多い環境下では、電話をすると聞こえづらいので注意しましょう。

・電話で相手の話を聞くときの姿勢

就活において、電話で相手の話を聞き逃さないようにする姿勢が大切です。そのためにも、相手の言葉をしっかり記録するためにも、メモを用意しておく必要があります。

電話の内容を覚えておくから大丈夫と考える方もいますが、意外と話した内容は忘れてしまうものです。

特に待ち合わせの日時や場所については、忘れてはいけないことなので、しっかりとメモを書き留めて、当日困ることが内容に対応する必要があります。

・言葉使い

就活で企業に電話をかける上で注意したいこととして、言葉遣いが重要です。特に間違えやすいのが、書き言葉である「貴社」と話し言葉の「御社」を混同して使ってしまうことがあるので、気を付けましょう。

電話での会話では、御社が正しいので貴社と言い間違えないようにしてください。

またビジネス用語として、自分のことは「わたくし」と呼ぶことも大切です。就活生の場合は、ビジネス用語に慣れておらず、つい気軽に話をしてしまうことがあります。

ビジネスマナーとして、しっかりと学んでいる人材を企業は採用したがっているので、言葉遣いには十分注意した上で、企業に電話をかけることが大切です。

・電話をかけるタイミング

就活において、採用担当者に電話をかけるタイミングを考えることも大切です。企業の始業時間は9時前後が基本で、終業時間は17時~18時頃となっています。

そのため、始業時間前後の忙しい時間帯や終業時間のタイミングではなく、10時~11時前後に電話をかけることが望ましいでしょう。

また昼休みの時間帯は、食事をしていたり、休憩していることがあるので、その時間帯に電話をすることは避ける必要があります。

採用担当者が不在の可能性が高いので、昼休みは避けて、就業時間内に電話をかけることが大切です。

・口調はハッキリと用件をまとめて話す

電話では、相手の言葉が聞こえづらいことがあるため、口調はハッキリと話す必要があります。もごもごと話しをしてしまうと、相手に内容が伝わらず、何度も聞き直されてしまう可能性があるでしょう。

電話では、相手が話をしている姿が見えないことから、口調がハッキリしていないと、内容も把握しづらいのが特徴です。

電話のマナーとして、ハッキリした口調を心がけて、滑舌をよくすることを意識して、電話をかけるようにしましょう。

就活で電話をかける際の注意点

電話のマナーで採用可否も決まる

就活の場面では、何度か企業の採用担当者と電話でやり取りを行うといったケースがあります。その際に、電話のマナーがしっかりしていなければ、採用されない可能性もあるでしょう。

ビジネスシーンにおいて、相手に失礼のないように電話をかけることは多いので、企業は電話のビジネスマナーを厳しく判断することがあるのです。

就活生は、ビジネスシーンのような緊迫した状況で、電話での会話を行ったことが少ない場合は、言葉遣いが普段の通りになってしまうことがあるため、就活の場面では意識的に、言葉遣いを変えていくようにしましょう。

電話のマナーで採用可否も決まる

電話をかける時は周囲に気を配る

電話のかけ方のマナーとして、言葉遣いや口調がハッキリしていたとしても、電話をかける場所で雑音がある、電波状況が悪いといった時は、相手に伝えたい言葉が伝わらない可能性があります。

しっかりと、話す内容が伝わるように、電話をかける場所にも十分な注意が必要です。

電話をかける時は周囲に気を配る

まとめ

就活では、企業と電話のやり取りを行うことは多々あります。その際に、ビジネスマナーを把握して注意点を抑えておかないと、採用にも影響を与えてしまうこともあるでしょう。

企業の中には、電話でのやり取りにおいて、ビジネスマナーを重要視して、採用可否を判断することもあります。

電話一つをとっても、就活の場面では重要な要素となるので、言葉遣いや周辺環境には気を配って電話をかけるようにしましょう。

企業に電話をかけることは、緊張することもありますが、電話のポイントを押さえておけば、相手に良い印象を与えることができるので、意識的に変えていくことが大切です。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ