以上のような結果となりました。
 
 
まずはランキング上位を見ていきましょう。
 
1位は「部活(体育会系)」、2位は「サークル(スポーツ系)」となり、全体の1/5にあたる100人中20人が、
大学時代に最も力を入れていたことに「スポーツ」を挙げました。
 
では、そんな内定者達の声を聞いてみましょう。
 
 
 

 
 
以上のような結果となりました。

大学時代スポーツをやっていた学生は、激務として知られるマスコミ業界に最も必要な「体力」そして、
困難や逆境に打ち勝てる「精神力」を持っているからこそ内定を獲得できたと言えるのではないでしょうか。
 
また、ここで紹介した「野球」「水泳」「テニス」「サッカー」以外にも、
「陸上」「バスケ」「スノーボード」「卓球」「競技自転車」「空手」「バレーボール」「柔道」「アメフト」「ダンス」「マラ

新規会員登録はこちら
ページトップ