通過ES実例

  • お気に入り
  • 1SCORE

ES【豊島】15卒②

あなたの大学受験について教えて下さい。 【大学受験をするうえで、注力した事】 250 文字以内

大学受験をするうえで注力したことは、数学の複雑な問題に出会った時に、すぐに答えを
見るのではなく、一度じっくりと考え試行錯誤することである。私は数学がとても苦手で
、受験勉強を始める前は、問題文を読んで解法が浮かばないとすぐに答えをみて納得した
いという気持ちに負けていた。しかし、一度自分で考え抜く過程を抜きにしてはいつまで
も力はつかないと気づき、どんなに難しい問題でも自分なりに考え、ペンを動かす時間を
大切にした。その結果、苦手意識を払拭し、難しい問題に出会っても怯まずに落ち着いて
解けるようになった。

働く上で重要視している事 250 文字以内

私が働く上で重要視していることは、自分にしかできない仕事をして、企業と社会に必要
とされる人間になるということである。楽しくやりがいを持って働き続けるためには、若
いうちから貪欲に挑戦、成長して、出来る仕事の幅を広げたり、高い専門性を身に着けた
りすることによって、自分という人間の価値を高める必要があると考えた。私という人間
が、企業とお客様に認められ、名指しで一緒に仕事をしたいと思われる社会人であるため
に、常に自分が成長し続けられる場所に身を置きたい。

学業において重点的に取り組んだ内容について。

ゼミで専攻している企業経営学に重点的に取り組んだ。ポーターの「国の競争優位」とド
ラッカーの「マネジメント」を読んで経営戦略や組織マネジメントなどの学説を学んだ。
また、実際に世の中に新しい市場や価値を創造した国内外の企業をケースとして取り上げ
、ケースディスカッションを通じて多様な視点から、経営の特徴や成功要因を分析した。

学生時代に力を注いだことについて

高校時代のマンドリン合奏部の活動に最も注力した。高校1年の6月から約2年間、部活に
加えて個人レッスンにも通い、首席奏者として全国大会に出場することを目標にしていた
。2年の秋から部長を務め、部員のモチベーションと技術を向上させるために周囲の人を
巻き込んで様々な工夫を行い、3年の夏に全国大会に出場した。この経験から、目標達成
のために真摯に物事に取り組む姿勢が、周囲の人間を巻き込む大きな原動力になることを
学んだ。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ