通過ES実例

  • お気に入り
  • 1SCORE

【選考通過ES実例】みずほ情報総研

みずほ情報総研の内定獲得ESです。

研究内容(500文字以内) ※研究内容が決まっていない場合は現時点で想定している内容について入力してください。 (必須)

「コピュラを用いたソフトウェア信頼性について」

「コピュラ」と呼ばれるファイナンスのリスクマネジメントに使われる手法があります。

コピュラを用いることで非線形な変数や分布間の関係を表すことができるので、これをソフトウェアのバグ発生率に適用できないかと考えています。

具体的には、相互関係や従属関係にあるモジュール間のバグ発生率、あるいは結合度をコピュラにより表現し、リスクの数値化を図ります。

これにより、例えば、Aのモジュールにバグが多いことがわかれば、Aとコピュラの数値が高いBのモジュールにもバグが多いだろうと推測できるのではないかと思います。

コピュラを設計フェーズで適用するかテストフェーズで適用するか、二択が考えられますが、現在はモデルの構築段階であるため、未定です。

この研究により、設計フェーズであればテスト期間の短縮やコストの削減などが見込め、テ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ