介護業界における履歴書の志望動機の書き方

・なぜ介護業界なのか具体的に書く

志望動機ではまず、「なぜ介護業界を選んだのか」を書く必要があります。介護業界で働きたいと思うきっかけとなったエピソードを用いて具体的に説明することで、内容の説得力がアップします。
「人のためになる仕事がしたい」など介護業界以外でも通用する志望理由は、その業界でなければならない理由としては弱いです。
「なぜ介護業界で働きたいのか」「自分の何が介護業界に向いていると思うのか」、その理由を自分の中できちんと整理して、志望動機に書きだしましょう。

・その上でなぜこの事業所・施設でなければならないのか明記する

介護業界にも数多くの事業所・施設が存在します。志望動機では、たくさんある施設の中で、「なぜこの施設を希望するのか」をしっかり伝えることが大切です。
単に「介護業界に興味があったから」と答えてしまっては、採用担当者の印象には残りません。採用担当者側もたくさんの就活生の中から採用者を選ぶので、「この業界であればどこの施設でもいいのかな」と思うような就活生より、「絶対にこの施設で働きたい」という熱意を感じられる就活生を採用したいと考えるはずです。
業界への興味だけでなく、志望する業界の中からその事業所・施設を選んだ理由をしっかりとアピールしましょう。
そのためには、企業研究がしっかりできているかが重要になります。
「企業の強み」「企業の社風」「社員の雰囲気」などから各社を比較して語ることができれば、同業比較は十分でしょう。

・結論の理由をエピソードを交えて書く!

「貴社の〇〇にひかれました」「〇〇に共感しました」など書く場合は、根拠となる具体的なエピソードを入れるようにしましょう。抽象的な文章よりも具体性のある文章のほうが、採用担当者にも内容が伝わりやすく、印象に残りやすいです。
たとえば「だれかをサポートする仕事がしたい」というような動機であれば、サポートしたいと思った具体的なエピソードを説明することで、内容の説得力がアップします。

・入社してからの展望を書く!

志望動機では、ただひたすらに企業の良さを述べるだけではアピールが弱いです。自分が企業に何を貢献できるかを伝える必要があります。未経験の場合は、技術やスキルが経験者よりもおとってしまいます。その中で、未経験でも企業に貢献できることは何かをきちんとアピールする必要があります。
企業が求める人材をきちんと把握し、自分の強みを活かして貢献したいと伝えることで、使用担当者も自社で活躍できる人材だと感じてくれるでしょう。

入社後のビジョンを伝えることで入社への強い意欲をアピールすることができます。
企業が求めているのは、自社で活躍できる人材です。
志望動機で、入社後の業務内容にどれだけ興味を持ち、現時点でどれだけ業務理解をしているのかを伝えれば、採用担当者も活躍している姿をイメージしやすくなります。

介護業界における履歴書の志望動機の書き方

介護業界で履歴書の志望動機を書くポイント

介護職は人間性アピールが大事!

介護職は、介護を必要とする高齢者の身の回りのお世話や支援をすることが主な仕事となります。日々の生活のサポートだけでなく、心のケアも行うため、仕事をする上で思いやりやコミュニケーション能力が必要となります。そのため、介護業界では、特に人柄が重視されます。志望動機では人間性をアピールするといいでしょう。

介護業界で履歴書の志望動機を書くポイント

介護業界で履歴書の志望動機を書く時の注意点

志望動機はポジティブに!

介護業界の仕事は「身体的負担が大きい」「給料が安い」などマイナスなイメージを持っている就活生も多いのではないでしょうか。就職先を決める時に重視するポイントの一つが、給料や福利厚生だと思います。業界が厳しいのはわかっていても、その中でも条件のよい環境で働きたいと思うのは当然のことです。
ですが、志望動機でその施設を選んだ理由に、「他の施設より給料がいいから」などと正直に書くのはあまりおすすめできません。なぜなら「もっと条件の良い施設をみつけたらすぐに転職してしまうかも」と採用担当者が感じてしまう可能性があるからです。企業はなるべく長く働いてくれる人材を求めています。
給料や福利厚生に関しては、あまり良くない印象を与えてしまうリスクがあるので、待遇面には触れず、今後「やりたいこと」にフォーカスして、ポジティブな内容にまとめましょう。

あなただけの理由で具体的に書く!

志望動機では、例文などをそのまま書くのはやめましょう。採用担当者は多くの就活生の志望動機をみています。そのため、テンプレートの内容はバレる可能性があり、自分の考えを書いていないと悪い印象を与えてしまう可能性があります。また、面接では履歴書の内容を深堀されることが多いので、例文のまま書いてしまうと、志望動機について質問された際、うまく対応出来なくなってしまいます。文章の上手、下手も大切ですが、自分の考えを自分の言葉で説明することが一番大切です。

介護業界で履歴書の志望動機を書く時の注意点

介護業界での履歴書の志望動機サンプル

【介護職のサンプル】

私は昔から、人と接することが好きで、常に人の役に立てる仕事に従事したいと考えておりました。
学生時代、アルバイトで接客業にたずさわってきたのも、お客さまの喜んでいただける顔を見るたびに、自分自身とてもやりがいを感じることができたからです。
そしてこのたび、以前から関心のあった介護の仕事に就きたいと考え、介護職員初任者研修を受講いたしました。
未経験からのスタートで、並ならぬ努力が必要かと思いますが、これまでの仕事で培った責任感や我慢強さ、また細かな気配りを活かして、先輩方からしっかりと学び、早くご利用者さまのお役に立てるよう邁進したいと考えております。

https://kaigoworker.jp/resume/motivation/
↑ここから引用

【ヘルパーのサンプル】

母が長年、介護の仕事をしています。幼少期は母についてよく施設に遊びにいっていたため、介護はとても身近な存在でした。母に介護の道に進みたいと相談したところ「あなたは責任感が強いし、気持ちの切り替えも上手いから向いている」という後押しをもらったことをきっかけに介護職に就くことを決めました。
まだ初任者研修を修了したばかりですが、これから経験を積んでゆくゆくは介護福祉士資格の取得したいと考えています。貴法人の手厚い新人フォローアップ体制や、資格取得支援制度に魅力を感じ志望いたしました。
未経験ではありますが、少しでも早く即戦力となれるよう努めてまいります。

https://kaigoworker.jp/resume/motivation/inexperienced/
↑ここから引用

まとめ

履歴書に書く、介護職の志望動機について解説していきましたが、いかがでしたか。志望動機は、具体的な説明ができるかどうかが選考を通過する鍵となります。介護業界を目指したきっかけや、介護業界で働きたい理由をしっかりと説明できるようにしましょう。そのためには、十分な自己分析と企業研究が必要です。自分の考えをとことん整理して、魅力的な志望動機を完成させましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ