難問ES、なぜ増える!?

難問ES、なぜ増える!?

「白紙に自由に自己PR」の他にも、
  
「100万円があったら何に使いますか?」
「自分にキャッチコピーを付けてください」
  
など、発想力を問われるような設問が見られますが、
なぜこのように難しいESが増えているのでしょう?
  
それは、リクナビ・マイナビなどのナビサイトを利用して簡単にエントリーが出来るようになったことによって、企業側は大量のエントリーシートを読むことになったからです。
  
この手の難問ESは、手間暇がかかるので、志望度の低い学生は
「面倒だからES出すの辞めよう・・・」となるでしょう。
そんな志望度の低い学生をふるいにかける目的もあるのではないでしょうか。

コツはたったの3つだけ

私が今回お伝えするコツは以下の3つです!
 
①何を伝えるか“絞る”
②ES(文章部分)との“関連性”を持たせる
③“文字だけ”で表現しない
 
当たり前といえば、当たり前になってしまうのですが、
基本を押さえておけば、その分通過率もグッと上がるはずです!

①何を伝えるか絞る

①何を伝えるか絞る

A4用紙1枚など、大きなアピールスペースをもらうと、
文章部分では伝えられなかったことを沢山盛り込もうとしてしまいがちですが、
  
こちらは、“量”ではなく、“質・インパクト”で勝負するスペースです。
  
あれもこれもと詰め込むのではなく、
何を伝えるかを考えましょう!

②ES(文章部分)との関連性を持たせる

②ES(文章部分)との関連性を持たせる

ES(文章部分)との関連性がなぜ重要なのかというと、
一貫性を持たせることによって、ES自体の信憑性が高くなるからです。
  
例えば、
文章部分では、チャレンジ精神や好奇心旺盛をアピールし、自ら何かに挑戦し、成し遂げた経験を書いたとします。
自由記述部分では、その他にも色んなことにチャレンジしたことが分かるようなエピソードや写真を載せると、
  
「この人は本当に好奇心を持って色んなことに取り組んだんだな」
「その中でも、文章部分に書いたようにきちんと結果を出せる人なんだな」
  
と1つのESとしてのまとまりが生まれ、ES全体の信憑性があがります。
  
文章部分も自由記述欄も同じエピソードにする必要はありませんが、
あれもこれもと違うアピールを詰め込むのではなく、
「一貫してこういう人物です」と分かるようにしましょう!

③文字だけで表現しない

③文字だけで表現しない

この手のESで絶対にやってはいけないことが、
「普通に文字を書くこと」です!
  
ESとは、企業に向けたあなたの説明書です!
  
説明書が文字だけでびっしり埋められているのと、写真やイラスト、図表があるのとでは、どちらが読みやすいか、わかりやすいかは分かりますよね?
  
アピールしたいことが決まったら、そのエピソードが伝わりやすい写真などを貼りましょう!
以下には、簡単にどんな表現方法があるか書いてみました。
  
  
広告風:自分を商品に例えて、商品説明やキャッチコピー、アピールポイントなどを書く。
  
新聞風:タイトル、小見出し、写真、クレジット(写真の説明)のような構成で、自分のアピールしたい点を一大ニュースが新聞に取り上げられたように書く。
  
漫画風:自分でイラストを書いたり、漫画のイラストを貼って吹き出しに自分なりのセリフを入れたり、絵やイラストを使って書く。
  
図鑑風:自分の写真を貼って、頭や体から矢印を引き、考えていることや得意なこと、趣味を書く。
  
自分史:横軸を時系列、縦軸をモチベーションに設定したモチベーション曲線を描いて、重要なポイントを、吹き出しや写真付きで説明する。

まとめ

いかがでしたか?

コツと表現方法をお伝えしましたが、ここに載っている表現方法から選ぶ必要はありません!
自分が伝えたいことは何か、どうやったら一番伝わりやすい・印象に残りやすいかを考えてESを作成してくださいね!

ESの設問“も”面接の質問内容“も全て見放題!


就活ノートでは、会員登録することで他の就活生の通過したエントリーシート選考情報を見ることができます。

会員登録(無料)

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ