難問ES、なぜ増える!?

難問ES、なぜ増える!?

「白紙に自由に自己PR」の他にも、
  
「100万円があったら何に使いますか?」
「自分にキャッチコピーを付けてください」
  
など、発想力を問われるような設問が見られますが、
なぜこのように難しいESが増えているのでしょう?
  
それは、リクナビ・マイナビなどのナビサイトを利用して簡単にエントリーが出来るようになったことによって、企業側は大量のエントリーシートを読むことになったからです。
  
この手の難問ESは、手間暇がかかるので、志望度の低い学生は
「面倒だからES出すの辞めよう・・・」となるでしょう。
そんな志望度の低い学生をふるいにかける目的もあるのではないでしょうか。

コツはたったの3つだけ

私が今回お伝えするコツは以下の3つです!
 
①何を伝えるか“絞る”
②ES(文章部分)との“関連性”を持たせる
③“文字だけ”で表現しない
 
当たり前といえば、当たり前

新規会員登録はこちら
ページトップ