エントリーシートのミスは訂正印を使って修正しよう

ここからは、訂正印を使ったエントリーシートのミスの修正方法をくわしく解説します。しかし、基本的には一から書き直すのがマナーなので、書き直しの時間がない場合や用紙の予備がない等の緊急時に限って使うようにしてください。

二重線を引いてその上に訂正印を押して修正

誤字をした場合は、誤字をしてしまった部分に二重線を引いてその上に訂正印を押して修正します。このとき、フリーハンドで二重線を書くと雑な印象を与えてしまうので、必ず定規を使用してください。また、二重線を引いた部分の中央部分に訂正印を押印するのがポイントです。
この修正方法は、あとから改ざんすることができないようにするためと、確実に印鑑を押した本人が直したものということを証明しているものです。

訂正印での修正は2箇所までに抑えよう

訂正箇所が多いと、見栄えが悪いだけでなく本気度が足りないと思われてしまいます。そのため、訂正印での修正は2箇所までに抑えた方がいいです。さらに、書き間違えてしまうのは余裕のなさから起こることが多いです。焦りやストレスを感じると、人はミスを起こしやすくなるので、エントリーシートは気持ち的に余裕を持てるスケジュールの中で記入するようにしましょう。

修正テープや修正液の使用は絶対NG

エントリーシートはペンを使って記入するので、訂正の際に修正液・修正テープの使用が思いつきますよね。しかし、エントリーシートの訂正に修正液・修正テープを使用するのは絶対NGです。修正液や修正テープを使うと、自分だけでなく採用担当者側も自由に書類を改変できてしまいます。
簡単に改変できるということは「信用性のない書類」になるため、エントリーシート全体の信用も下がりかねません。そのため、誤字を訂正する場合は必ず「二重線を引いてその上に訂正印を押して正しい文字を書く」という方法をとってください。

消えるボールペンは避けよう

消えるボールペンは字を間違えても簡単に消せるので、エントリーシートを書くときに使ってしまいがちです。しかし、消えるボールペンは熱が加わると消えてしまう素材が使われているものなので、企業に提出する正式な書類であるエントリーシートには使えません。
また、消えるボールを使って書いたエントリーシートを提出すると、社会的な常識がないと思われる場合もあります。そのため、エントリーシートには消えるボールペンではなく普通のボールペンや万年筆の黒インクを使って記入しましょう。

基本的には書き直すのがマナー

替えのエントリーシートがなかったり、やむをえなかったりするときでなければ、基本的に書き直すのがマナーです。数か所であれば問題ない場合が多いですが、訂正箇所のあるエントリーシートは誤字のないものに比べて見栄えが悪くなってしまいます。
ともあれ、人間なので誤字や脱字をしてしまうのは仕方がないことです。そのため、志望度が高い企業の場合は特に余裕をもって作成し、できるだけミスをしないようにしましょう。

エントリーシートのミスは訂正印を使って修正しよう

エントリーシートのミスを直す訂正印には認印がおすすめ

ここからは、認印を使ったエントリーシートの修正方法をくわしく解説します。認印とは、実印として印鑑登録していないはんこ全般のことを指すものです。訂正印に使うハンコに迷っている方は、以下のポイントを参考にしてください。

認印を使ってミスを修正しよう

エントリーシートのミスを直す訂正印には認印を使うのが基本です。スタンプタイプのシャチハタも認め印のひとつといえますが、エントリーシートや履歴書などの正式な書類には向いていません。
訂正印に何を使ってもばれないだろうと思う方もいますが、採用担当者は何万ものエントリーシートを見ているので、認印を使っていないものは一目で見てわかります。認印を使っていないとビジネスマナーがなっていないという印象を持たれ場合もあるので、注意してください。

シャチハタの使用は禁止の場合もある

シャチハタは押しやすいのでエントリーシートにも使ってしまいがちですが、指定がなくても一般常識としてNGとなっている場合が多いです。シャチハタは年月が経つとインクが劣化しやすいので、見えなくなってしまうことがあります。
しかし、経年による劣化は履歴書の改変とみなされ、信用度が落ちてしまうのです。そのため、エントリーシートの誤字を訂正する場合は、シャチハタではなく認印を使うようにしましょう。

実印や銀行印の使用は危険

実印は信用の高い印鑑なので、使用してもマイナスなイメージはありません。しかし、実印は市町村の役所に登録して公的に認められたハンコです。そのため、エントリーシートに使うと個人情報漏洩が漏洩する危険性も考えられます。また、実印には重要な個人情報が多く詰まっているので、悪用されるとトラブルに巻き込まれる場合もあります。エントリーシートは企業の中でも厳重に保管されてはいますが、流出の危険がないとは言い切れないので、実印は使わない方がいいでしょう。

エントリーシートのミスを直す訂正印には認印がおすすめ

訂正印を使ったエントリーシートのミスの修正方法

ここからは、訂正印を使ったエントリーシートのミスの修正方法をくわしく解説します。ミスした文字を削除するときと修正するときでは若干修正方法が異なります。また、文書の訂正箇所にハンコを押すことは、「他人が改ざんしたものではなく本人が訂正したものである」ことを証明するものです。

ミスした文字を修正する場合

ミスした文字を修正する場合は、間違った文字を二重線で消して二重線の上に認印を押します。そして、誤字をした上の部分に正しい文字を記入してください。このとき、訂正した文字は塗りつぶしたりせず、削除した内容が確認できるようにしておくことがポイントです。

ミスした数字を修正する場合

ミスした数字・金額を修正する場合は、金額の数字に二重線を引いて「11文字削除9文字追加」というように記入します。このとき、「¥」「,」「‐」といった句読点や記号等も1文字としてカウントしてください。

ミスした文字を削除する場合

ミスした文字を削除する場合は、文字を削除したいところに二重線を引き、その上に訂正印を押します。そして、訂正印を押した隣に削除した文字数を記入してください。もし、2文字削除した場合は、「2文字削除」と記入します。

文字を書き加える場合

文字を書き加える場合は、文字のぬけのあるところに「V」を書き、「V」の上についかした文字を書いて訂正印を押します。そして、追加した文字の隣に書き加えた文字数を記入してください。もし、2文字追加した場合は「2文字追加」と書きます。

縦書きの文字を修正する場合

縦書きの文字を修正する場合は、訂正箇所に二重線を引き、右側に正しい文字を書いて近くにハンコを押してください。もし、近くに訂正印を押す場所がないときは、空いているスペースに押してください。

訂正印を使ったエントリーシートのミスの修正方法

まとめ

今回は、エントリーシートを書き間違えたときの正しい訂正印の使い方を紹介しました。訂正印を使うのは、替えのエントリーシートがなかったり、やむをえなかったりする場合のみで、基本的には最初から書き直すのがマナーです。また、訂正箇所が多いと見栄えが悪くなってしまうので多くても2箇所に抑えるといいです。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ