OpenESの志望動機の書き方とは?

企業は、「なぜ自分の会社に入りたいのか、どんな業務をしたいのか」などを知りたいと思っています。そのため、志望動機は必ずといっていいほどOpenESで回答する欄があります。
OpenESで志望動機を記入する際に必要な3つの事を詳しく解説していきます。

企業のどこに魅力を感じているのかを書く

一番最初に、企業のどこに魅力を感じているのか書きましょう。あなたが企業のどこに魅かれて入社したいと考えたか書くといいでしょう。
例えば、「インターシップで企業を訪れた時に社員の雰囲気に魅力を感じた。」や「企業のサービスを利用してみて感動した。」などです。
一番最初に企業に興味を持ったエピソードを書く事ができればベストです。

その会社でなければならない理由を書く

希望した会社でないといけない理由を書きましょう。同じ様な業務を行っている会社は山ほどあります。その中で「なぜうちの会社を選んだか」が企業が一番知りたいと思っています。
例えば、企業の理念やインターンシップで感じた事などです。おすすめは、自分にしか書けない事です。企業の理念は誰でも書けますが、インターシップで思った事はあなたしか書けません。あなたしか書けない事は、誰も書けないため独自性があるOpenESになります。そのため、他のOpenESとの違いを出せるでしょう。
どこに魅力を感じたかと似ている内容になりますが、同じ内容にならないように心がけましょう。

入社後の展望や目標について書く

最後に入社後の展開や目標について書きましょう。自分が入社してどんな事をしたいのか、自分が入社する事で企業にどんなメリットがあるか書けるといいでしょう。
ここに書く事に正解はありませんが、企業の現状と未来についてしっかり調査しましょう。その調査を行わないと、書いている事が企業に合わない可能性があります。そうなってしまうと、評価が下がってしまいます。

OpenESの志望動機の書き方とは?

OpenESの自己PRの書き方とは?

自己PRもOpenESで記入を求められる事が多い質問です。自己PRは、自分を雇いたいと会社に思わせる大事な質問です。
書きたい自己PRは山ほどあると思いますが、1つに絞って書きましょう。複数書いてしまうと、上手くまとまらずに何を伝えたいのか分からないという事になってしまいます。
この他にも自己PRを書く時に、気を付けて欲しい事が3つあります。

具体的なエピソードを書く

具体的なエピソードを書くようにしましょう。「私の強みは、〇〇です。」と書いたところでそれを証明するエピソードがなければ、信じてもらう事はできないでしょう。
具体的なエピソードがある事であなたの伝えたい事が分かりやすくなります。また、エピソードは、あなたらしさを出すには非常に良い方法です。そのため、必ず具体的なエピソードを書くようにしましょう。

初めの一文で簡潔に強みを伝える

必ず最初に強みを伝えましょう。「強み→強みの根拠となる具体的なエピソード」の順番で書くと分かりやすくなります。分かりずらい自己PRは、「強みの根拠となる具体的なエピソード→強み」の順番で伝えてしまう事です。特に、具体的で長いエピソードほど先に伝えてしまうと、分かりづらくなります。
そのため、必ず最初に強みを伝えましょう。

会社での強みの活かし方を書く

一番最後に、会社で自分の強みの活かし方を書きましょう。やり通すという強みなら、「企業に入社した後に、どんな仕事でも必ずやり通す事ができる。」などです。
あなたの強みが企業の役に立つ事をしっかり伝えましょう。

OpenESの自己PRの書き方とは?

OpenESのガクチカの書き方とは?

ガクチカとは、学生時代に打ち込んだ事です。OpenESでガクチカを記入する欄がある事があります。
学生時代に打ち込んでいた事は、人それぞれだと思います。4つのパターンに分けて解説していきます。

アルバイトの場合

アルバイトをガクチカで記入する時におすすめは、協調性の高さを書く事です。例えば、「アルバイト間でのミーティングをし、作業効率を上げた」や「自分と考え方が合わない人とも積極的に会話し、良好な関係を築いた」などです。このようなエピソードを書き、最後に「御社に入社後も、良好な人間関係を築き質の高い業務を行います」などと書くといいでしょう。

部活動・サークル活動の場合

部活動・サークル活動をガクチカで記入する時におすすめは、努力について書く事です。例えば、「誰よりも努力をし、良い成績を収めた」や「なかなか成績が上がらなかったため、どうすれば成績が上がるか調べ正しい努力をした」などです。このようなエピソードを書き、最後に「御社に入社した暁には、業績を上げれるように正しい努力を積み重ねていきます」などと書くといいでしょう。

研究・ゼミの場合

研究・ゼミをガクチカで記入する時におすすめは、目標へのアプローチを書く事です。例えば、「コミュニケーション能力を高めたいと考え、ゼミの様々な人を会話するようにした」や「論理的な説明ができるように、プレゼンが多いゼミを選び練習し、ゼミのプレゼンで最優秀賞を取った」などです。最後に「御社に入社し、目標に対して適切なアプローチをしていきます」などと書くといいでしょう。

インターンシップの場合

インターシップをガクチカで記入する時におすすめは、インターシップの経験を書く事です。例えば、「○○での広報活動を行い、集客力を上げる広報の方法を学んだ」などです。最後に「御社に入社し、○○でのインターシップで得た広報の方法を発展させ集客力で力になります」などと書くといいでしょう。

OpenESのガクチカの書き方とは?

まとめ

・OpenESで志望動機の書き方は以下の通り
 ・企業のどこに魅力を感じているのかを書く
 ・その会社でなければならない理由を書く
 ・ 入社後の展望や目標について書く
・OpenESで自己PRの書き方は以下の通り
 ・具体的なエピソードを書く
 ・初めの一文で簡潔に強みを伝える
 ・会社での強みの活かし方を書く
・OpenESでガクチカのおすすめの書く内容は以下の通り
 ・アルバイト:協調性の高さ
 ・部活動・サークル活動:努力について
 ・研究・ゼミ:目標へのアプローチ
 ・インターンシップ:インターシップの経験
ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
OpenESの内容は非常に大事です。なぜなら、OpenESの内容を基に面接されるからです。そのため、内容を何度も見直し質の高いOpenESを作成しましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ