リクナビのOpenESは新しい就活の決定版

OpenESは、リクナビが作った就活生の悩みを解決するためのサービスです。このサービスのおかげで就活の負担が減りました。
リクナビを行っている素晴らしいサービスのOpenESについて詳しく理解しましょう。

OpenESとは

OpenESは、様々な企業に出す事ができるエントリーシートです。就活生は、様々な企業に応募をしているはずです。応募する時は、必ずといっていいほどエントリーシートを提出します。
そのため、応募した企業の数と同じエントリーシートを書かないといけません。OpenESは、OpenESの提出を認めている企業に対して同じ内容のOpenESを提出する事ができます。OpenESの提出を認めている企業はたくさんあるため、様々な企業に提出する事ができるでしょう。

OpenESの特徴

OpenESは1枚書けば、様々な企業が提出できる事が大きな特徴の1つです。そのため、就活生は何十枚もエントリーシートを書く必要がなくなりました。
つまり、何十枚もエントリーシートを書かないといけない就活生の悩みをOpenESは解決してくれます。

OpenESとエントリーシートの違い

OpenESとエントリーシートの違いは、1枚で様々な企業に出す事ができるか・できないかです。エントリーシートは、企業によって違う内容のエントリーシートを出さないといけないため、応募した企業数によって何十枚も書かないといけません。
OpenESは書いた内容を変更する必要がないため、1枚で様々な企業に出す事が可能です。

リクナビのOpenESは新しい就活の決定版

リクナビのOpenESを把握しよう

OpenESの仕組みについて詳しく解説していきたいと思います。どうやってOpenESを活用すれば良いのか理解しましょう。また、OpenESのメリットやデメリットについても解説します。

OpenESの仕組み

OpenESは、自分で作成したエントリーシートをWeb上で提出する事ができます。そのため、郵送し届くまでの時間などを考えずに提出する事が可能です。また、郵送料や写真のお金もかからないため経済的負担も少なくなるでしょう。
提出方法は、まずリクナビなどで入社したい企業にエントリーしましょう。その後、企業からOpenESの提出依頼のメールがきます。そのメールに記載してあるURLをクリックしOpenESを提出します。

OpenESのメリット

OpenESのメリットは、エントリーシートを書く時間が減る事です。また何十枚も書く必要がなくなるため、1枚のOpenESに集中できるため質を高められるでしょう。

OpenESのデメリット

OpenESのデメリットは、企業によって書く内容を変えられない事です。例えば、企業のカラーとして「真面目な人を採用したい」「チャレンジ精神がある人も採用したい」と採用したい人が異なります。
そのため、真面目な人を採用したい企業に「チャレンジ精神がある」というOpenESの内容を書いてしまえば採用される可能性が少なくなってしまいます。
しかし、OpenESを提出するときに企業ごとに質問が設定されている時があります。その時に、企業が求める内容にあった事を書くようにしましょう。

リクナビのOpenESを把握しよう

リクナビのOpenESを活用して就活を有利に進めよう

OpenESを利用する事で就活を有利に進める事ができます。就活を有利に進めるために必要な事を詳しく解説していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

OpenESを作成するための準備しておくことは?

OpenESを作成するために「具体的なエピソード」を準備しておきましょう。OpenESには「学生時代に力を入れていた事」や「自己PR」などを書く欄があります。
その内容を充実させ、信憑性を出すためには具体的なエピソードが必須です。例えば、自分の強みが問題解決能力だとしましょう。その時に、問題解決能力が高いと分かるエピソードがないと誰も信じてはくれません。
そのため、色々なエピソードを準備しておきましょう。

OpenESの記入項目とは

OpenESの記入項目は、以下の通りです。
・氏名・経歴等
・保有資格・スキル
・趣味・特技
・学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容
・自己PR
・学生時代に最も打ち込んだこと
これ以外にも、企業によっては追加の質問がある時があります。多くの場合は、志望動機を追加で質問されます。

特に押さえておくべきポイントとは

OpenESを書く時に押さえておくべきポイントは、簡潔に書く事です。分かりにくい文章になってしまえば、採用担当者は何を伝えたいのか理解する事ができません。コツは、「質問の回答→具体的なエピソード→入社後にどう活かすか」の順番で書く事です。
自分の強みを聞かれた場合、以下の例のように書きましょう。
「私の強みは、準備を怠らない事です。大学生のサークルでサッカーを行っていました。対戦チームを徹底的に調べ、どこが相手の強みなのか、弱みはどこなのかを見つけるようにしました。他にも試合で起こりうるプレー全てをミスなくできるように準備しました。このような準備を行い、目標であった全国制覇をする事ができました。御社に入社後も準備を徹底し、御社に高い利益を出せるようにします。」
このような順番で書くと、読み手も分かりやすく内容が理解しやすくなるでしょう。

リクナビのOpenESを活用して就活を有利に進めよう

まとめ

・OpenESはリクナビが行っているサービス
 ・1枚のOpenESを様々な企業に提出する事が可能
 ・複数のエントリーシートを記入しなくてもいいため、時間の負担を軽減
・OpenESの提出方法は以下の通り
 ・入社したい企業にエントリーする
 ・入社したい企業から、OpenESの提出依頼のメールが届く
 ・OpenESの提出依頼のメールのURLをクリックして、提出する
・OpenESのデメリットは、企業によって書く内容を変更できないこと
・OpenESを書くためには、具体的なエピソードを準備しておこう
・OpenESの記入事項は以下の通り
 ・氏名・経歴等
 ・保有資格・スキル
 ・趣味・特技
 ・学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容
 ・自己PR
 ・学生時代に最も打ち込んだこと
・内容は、「質問の回答→具体的なエピソード→入社後にどう活かすかの順番」で書こう
ここまで読んで下さり、有難うございます。
OpenESは、就活生のために作られた素晴らしいサービスです。このおかげで、複数のエントリーシートを書かなくて済むようになりました。そのため、OpenESに時間をかけて、質の高いOpenESにしましょう。
あなたの就活が成功する事を祈っています。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ