なぜエントリーシートで封筒とペンにこだわるのか

エントリーシートの入った封筒は、企業の採用担当者にエントリーシートを見てもらうために重要な要素になります。封筒選びもそうですが、どういったペンで記載するのかという点もこだわる必要があります。

なぜ封筒とペンにこだわるのか?

企業側が就活生からのエントリーシートを受け取った時、最初に目に飛び込んでくるのは、封筒と質と就活生がペンで書いた文字です。そのため、社会人として最低限のマナーを押さえつつ、他者とは違う好印象を与えるような書き方にこだわることが重要になります。単に目立たせるという訳ではありません。メッセージカードや懸賞のように奇をてらった書き方や、カラフルなペンを使う必要はありません。適切なサイズの封筒にビジネスマナーをふまえた構成を心掛けましょう。

あえて郵送を選ぶメリット

インターネットの普及により、メールやデータ送付によるやり取りが一般的になってきていますが、まだまだビジネスシーンにおける郵送は多くあります。企業の採用においても、昨今ではリクナビのOpenESなど徐々にデータでのやり取りが増えつつありますが、エントリーシートの送付はまだまだ郵送が一般的です。就活生において、手紙や封筒のやり取りは行ったことがない人も多いでしょう。そのため、社会人としてのマナーを判断する上で、敢えて郵送での手続きを選んでいる企業もあります。

企業はどこを気にしているのか把握しておく

企業側は、エントリーシートを確認する以前に、この封筒選びとペンを使った書き方の部分において、最低限のマナーを考慮しているかを判断しています。ペンを使って手書きで書くため、字の上手い下手を見ているのかと思われがちですが、その点はあまり重要視されてはいません。もちろん、字が上手い方が好印象に繋がる可能性は高いですが、社会人としてのマナーをふまえ、思いを込めて記載されているかという点の方が重要な項目になります。ペンでの記載を行わず、デジタルで記載したデータをシール化して封筒に貼り付ける方法もありますが、自身のエントリーシートをぜひ見てもらいという思いを込めた手書きの方がやはり採用担当者に与える印象としては効果的です。

なぜエントリーシートで封筒とペンにこだわるのか

エントリーシートに効果的な封筒とペンの種類とは

では、具体的にエントリーシートに効果的な封筒とペンの種類にはどういったものを選べばいいのでしょうか。封筒やペンも様々な種類がありますが、社会人としてのマナーを意識したものを選びましょう。

封筒のサイズや色の選び方

まず効果的な封筒のサイズですが、これは角形2号の封筒を選ぶのがオススメです。エントリーシート自体のサイズは、通常A4もしくはA3で構成されています。角形2号の封筒は、A4サイズが入る封筒になりますので、A3のエントリーシートであっても1回折るだけで封入することができます。封筒の色は白色が効果的です。茶色の封筒もありますが、ビジネスシーンで茶色の封筒は事務的な用途で使われることが多く、自身の封筒がそこに紛れてしまう可能性もあります。また、白色の方が宛先や詳細を記入する際に見栄えが良くなります。茶色の封筒はマイナスという訳ではありませんが、封筒の色としては白色が効果的です。

サインペンとボールペンの違い

続いて、エントリーシートを入れた封筒に記載するにあたっては、黒色の油性のボールペンかサインペンがオススメです。郵送中に何が起こるかは分かりません。万が一雨で濡れてしまっても、にじみにくい油性のペンが効果的です。この油性のボールペンやサインペンで記載すると、はっきりした形で宛名もキレイに映ります。封筒の宛名においては、企業の採用担当者が一目で見てすぐわかるものにしなければなりません。読みづらくストレスを感じてしまうことが無いように注意しましょう。

オススメのペンの太さとは

また、封筒に記載する上ではペンの太さも重要です。オススメのペンの太さは1.6mmの極太タイプです。通常のボールペンの太さは0.7mm程度が一般的になりますので、倍以上の太さをイメージしていただければと思います。封筒の宛名は、細すぎても太すぎてもいけません。先ほどふれたA4サイズのエントリーシートが入る角形2号の封筒を考えると、0.7mmのボールペンでは、弱々しく映り、本人も気弱な性格なのかもしれないという印象を与えかねません。逆に太すぎても、間隔が詰まった書体になってしまい、バランスが取れない性格と受け取られてしまいます。しっかりとしたバランスが取れ、マナーを押さえた人物と伝わるように、ペンの太さにもこだわりましょう。

エントリーシートに効果的な封筒とペンの種類とは

エントリーシートに効果的な封筒とペンの選び方

以上までに紹介したように、エントリーシートを入れる封筒には白色の角形2号のサイズを選び、ペンは黒色で1.6mmのボールペンかサインペンを選びましょう。これらをふまえ、社会人としてのマナーを意識して書き進めれば問題ありません。ただ、封筒の宛名を書き進めるにあたっては、まだいくつか欠かせないポイントがあります。

赤のペンの使い分けを知る

まず、封筒には先ほどふれた黒色のペンを使って記載していきますが、唯一赤色のペンを使って各要素もあります。それが、封筒の表面に記載する「エントリーシート在中」という表記です。今回郵送する書類が企業側に届いた後に、担当者が封筒を開けなくても何が入っているのか分かるように、エントリーシートが入っていることをしっかりと明記して伝えましょう。履歴書などエントリーシート以外にも封入するのであれば、「応募書類在中」と明記する必要があります。これは、大切に取り扱ってもらう意味も込めて赤字で記載する必要があります。封筒の表面の左下に、油性の赤色のペンで忘れずに記載しましょう。

最低限気をつけるポイントとは?

その他にも、封筒に記入するペン選びにおいて2つほど注意点を挙げておきます。
まず、万年筆や筆ペンの方が好印象を与えるのではと思われるケースがありますが、そのようなことはありません。万年筆や筆ペンは水性となりますので、雨などの影響によってにじんでしまう可能性もあります。確かに万年筆や筆ペンの方がキレイな映り方をしますが、封筒の宛名の記入においては、読みやすさという点を重要視しましょう。
もう1つ注意点として、ボールペンやサインペンでの記載を行うと、封筒の紙質によっては裏にインクが映ってしまう可能性があります。そうすると、裏面の記載をする上で見栄えが悪くなってしまったり、読みにくくなってしまう可能性がありますので、必ず書き進める際には封筒の中に厚紙などを入れておくと効果的です。

エントリーシートに効果的な封筒とペンの選び方

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、エントリーシートに効果的な封筒とペンの選び方について紹介しましたが、企業側は、エントリーシートを確認する以前に、この封筒選びとペンを使った書き方の部分において、第一審査を行っていると考えておくと効果的です。最低限のマナーを考慮しているかという点が重要になります。最適な封筒とペンを選び、就活を有利に進めていきましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ