エントリーシートの封筒は何色が効果的か?

エントリーシートを提出する時の封筒は、何色が効果的か知りましょう。
封筒は、茶色や青色、白色など様々な色があります。どんな色の封筒を使用してエントリーシートを提出すればいいか理解しましょう。

封筒の色に応じたマナーの違い

封筒の色によって意味が異なります。
白無地の封筒の色の場合は、「フォーマルな印象」が強いです。誰に対して使用しても失礼に当たる事はありません。
茶(クラフト)の封筒は、白色の封筒と意味はあまり変わりません。白色の封筒よりも価格は安いため、ビジネスで多く使用されます。しかし、カジュアルな印象が高いため緻密性の高い書類の送付には使用されません。
ピンクやグリーン・ブルーなどのカラーの封筒の色は、私的に使用する場合に適しています。しかし、クリーム色や淡い水色はフォーマルな印象が強く、ビジネスで使用しても失礼にはならないでしょう。

就活の封筒は何色を選ぶべきか

就活の時に使用する封筒の色は、白色を使用した方が無難でしょう。
先ほども書かせて頂きましたが、白色を使用して誰かに失礼に当たる事はありません。そのため、就活で使用しても評価がマイナスになる事はまずないでしょう。
また白色の封筒を使用する大きなメリットは、個人情報の保護です。白色の封筒は中身が透けにくいという特徴があります。企業に送付する封筒には、電話番号や住所・大学など自分の個人情報がたくさん記入されています。そのため、白色の封筒を使用する事で個人情報の保護ができるでしょう。

茶色はなぜNGか

白色ではなくても、「茶色でもいいのでは?」と思う方も多いでしょう。しかし、茶色を使用するよりも白色を使用する事がおすすめです。なぜなら、茶色は、失礼だと思う企業があるからです。
茶色はカジュアルな印象があるため、企業の採用担当者によっては「就活に使用するものではない」と思っている人もいます。もちろん、「茶色でも問題ない」と思う採用担当者もいます。しかし、書類を送付するときに採用担当者の考えを知る事はできません。
そのため、茶色ではなく悪い印象を与えない白色の封筒を使用するようにしましょう。

茶色の封筒が許されるケーススタディ

茶色の封筒の使用は、ビジネスシーンでは良く使用されます。例えば、請求書や見積書を送付するときに使われます。そのため、日頃使われている書類を入れる時は、茶色の封筒を使用しています。
しかし、最重要書類を入れる封筒は白色の事が多いです。

履歴書を送る際の封筒の色とは

履歴書を送る時も、封筒の色は白色がベストです。茶色の封筒を使用してしまうと、企業内の郵送物と混ざってしまい開封されるタイミングが遅くなる事もあります。
白色の封筒を使用する事で、他の書類と混ざる事を防ぐ事ができます。また、茶色の封筒ではなく白色の封筒を使用する事で、「マナーを理解している」と印象を与える事が可能です。
白色の封筒に履歴書を入れる時は、封筒に赤ペンで「履歴書在中」や「応募書類在中」など記入しましょう。白色に赤色で書かれているため文字が目立ち、郵送物に混ざる可能性を減らす事ができます。ぜひ、実践してみてください。

最低限気をつけるポイントとは?

封筒を書く時には、様々な事を注意しないといけません。注意するべき内容を以下にまとめました。
・切手は真っすぐに貼るようにする
・「様」や「御中」など適切な敬称を使用する
・応募期限に間に合うように郵送する
切手を真っすぐ貼る事を心がけましょう。曲がって貼ってある場合、採用担当者に「適当に貼ったのかなぁ」という印象を与えてしまいます。いい印象にはならないため、必ず真っすぐ貼るように心がけましょう。
また、敬称にも気を付けましょう。個人宛なら「様」、企業宛なら「御中」と書くのが正解です。
応募期限を過ぎてしまうと、それだけで落とされてしまいます。大体応募期限の3日前に郵送すると、間に合うでしょう。しかし、郵送先の距離によって変わってくるため、自分の住んでいる場所から送付先の住所まで何日かかるかしっかり調べておきましょう。郵便局のサイトで確認する事ができます。
この3つのポイントを注意し、評価を下げずに書類を送付しましょう。

書き方サンプルを参考にしよう

ここまで説明した通りエントリーシートを提出する時は、白色の封筒を使用しましょう。
表面の左上に、横書きで郵送先の郵便番号を記入します。右側に郵送先の住所を縦書きで記入していきます。1行の収まらない場合は、2行で書いても問題ありません。
真ん中に企業名と担当者の名前を記入します。例えば「○○商業株式会社 採用担当者 様」と縦書きで記入します。できれば1行に収めた方がいいですが、難しい場合2行に分けても問題ありません。
裏側の左下に横書きで自分の郵便番号を記入します。その下に縦書きで住所と自分の名前を記入しましょう。
封筒に書類をいれて封をしたら〆マークを書くといいでしょう。また、表面の左下に赤ペンで「応募書類在中」と書きましょう。

エントリーシートの封筒は何色が効果的か?

まとめ

・エントリーシートを提出する時は、白色の封筒を使用しよう
・一般的な封筒の色と使用される場面は以下の通り
 ・白色:ビジネスなど様々な場面
 ・茶色:ビジネス
 ・カラー:私的な使用が多い
 ・淡い色:ビジネスでの使用もある
・履歴書等の応募書類を送付する時に茶色ではなく、白色の封筒がおすすめな理由は以下の通り
 ・白色は、透けにくく個人情報保護になる
 ・茶色はマナー違反を思う採用担当者にいるため、送付した企業によってはマイナスの評価になる
・最低限注意してほしいポイントは以下の通り
 ・切手は真っすぐ貼る
 ・「様」や「御中」など適切な敬称を使用する
 ・応募期限に間に合うように郵送する
・封筒の書き方は以下の通り
 ・表の左上に、横書きで送付先の郵便番号を記入する
 ・表の右側に、縦書きで送付先の住所を記入する
 ・表の真ん中に、企業名+担当者名を記入する
 ・裏面の左下に、横書きで自分の郵便番号を記入する
 ・裏面の自分の郵便番号の下に、自分の住所と氏名を書く
ここまで読んで下さり、有難うございます。エントリーシートを提出する時の封筒の色は、白色がベストです。封筒の色によって、使用されるシーンが異なります。白色はどんなシーンでも使用できるため、悩んだら白色を使用しましょう。
封筒の色ももちろん大事ですが、エントリーシートの内容もそれ以上に大事です。そのためエントリーシートの内容もしっかり丁寧に書きましょう。
あなたの就活が成功すれば嬉しいです。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ