自己分析

  • お気に入り
  • 0SCORE

就活で役立つ!自己PRを聞く意図とは?人事に高評価なPRを書くためのポイントとは?

就活で役立つ!自己PRを聞く意図とは?人事に高評価なPRを書くためのポイントとは?

就活の場面において、人事が自己PRを聞いてくるケースは多いでしょう。その時に、なぜ自己PRを聞いてくるのか、人事の意図をくみ取ることができれば、高評価を得られる可能性があります。

今回は、就活の場面で役立つ、自己PRを聞く意図について紹介していくので、参考にしてみてください。

自己PRが聞かれるのはなぜなのか?

人事が面接を行う際、自己PRについて質問する場面は多いでしょう。人事が自己PRを聞く意図としては、就活生の「能力・性格」、「志向」を知りたいという思惑があります。

そのため、自己PRと志望する企業の理念などがマッチしていれば、高評価を得られる可能性があるでしょう。

また人事が自己PRについて聞きたいという思惑の中には、就活生が客観的に自分を見つめることが出来ているのかという点も考慮されます。

客観的に、自分のことを理解している方は、ビジネスシーンにおいても、何が足りなくて、どのように改善すればいいのか、判断することができる人材であると考えられるでしょう。

就活の場面では、自己PRの良さが採用可否に影響されるので、しっかり企業にマッチした回答を用意しておくことが大切です。

自己PRが聞かれるのはなぜなのか?

自己PRではどんなことを伝えればいいのか?

人事は、自己PRによって企業にマッチした人材であるか、客観的に自分を分析することが出来ているかを判断するために質問します。具体的には、どのようなことを自己PRで伝えることが大切なのでしょうか。

この時に大切なのが、企業が就活生に求めている能力と、自分の能力がマッチしていない物を選択しないということが大切です。

自己PRと言われると、就活生の多くは自分の中で優れている点をアピールしないといけないと考える方も多いのでしょう。それよりも、企業が求めている能力を持っているのかどうかが、人事の方は知りたいので、自己PRの部分には企業が求める人材であることをアピールする内容を盛り込むことが大切です。

どのような企業でも、良い印象を与える自己PRとしては「色々なことに興味を持ち、実際に行動に移せる能力」や「入念な準備を行ってから行動する」といったものがあります。

自分が志望する企業では、どういった人材を希望しているのか、よく検討してから自己PRの内容を決めていきましょう。

自己PRのエピソードは何を選ぶのが無難?

就活の場面で、自己PRをしてほしいと言われると、すごいことをしたと言った方がいいと考える就活生も多いでしょう。しかし面接の場で、人事に求められている自己PRは、客観的にエピソードを把握し、相手にしっかり伝えることが出来ているのかという点です。

・具体的なエピソードを盛り込む

人事にとって、求める自己PRのエピソードとは、具体的な内容が盛り込まれており、説明を聞いて想像できる自己PRです。

就活性の多くは、人事から自己PRを要求されて、自分の中ですごいことを話さないといけないと考えてしまい、抽象的な内容や表現をしてしまうことがあります。

単純に、何事も積極的に行動できるということだけでなく、どんな状況でどういった対応をしたのかなど、具体的にわかる内容を自己PRの場面で話すことが大切です。

・当たり前のことを自己PRとしていないか

就活生の中には、誰もが実践している当たり前のことを自己PRと表現してしまっていることがあります。例えば、「試験のために準備をした」といった具合に、多くの学生がやっている行動のエピソードを話しても人事の心を動かすことはできないでしょう。

努力の水準が低いと判断されると、自己PRの部分も悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

一度、友人や家族に自己PRを話してみて、内容が薄い、自己PRとして弱くないか判断してもらいましょう。

自己PRのエピソードは何を選ぶのが無難?

自己PRの時も笑顔でハキハキと答える

人事の方に自己PRを求められた時に、緊張や用意してきた言葉を話すことに集中してしまい、顔が強張ってしまう就活生も多いでしょう。

しかし自己PRの時も、第一印象を良く見せることは大切なので、笑顔でハキハキと答えることが重要です。

どうしても、質問される時には口ごもってしまう方もいますが、少しは噛んでもいいくらいの気持ちで、ハッキリとした口調で言葉を伝えることが、良い印象を与えるきっかけになります。

また言葉遣いも注意して面接に臨むことが大切です。ビジネスシーンにおいて、言葉遣いは重要な要素になるので、自己PRの時も油断せずに言葉を選択していきましょう。

自己PRの時も笑顔でハキハキと答える

まとめ

就活で人事が自己PRを聞いてくるのは、就活生の能力と企業が求める人物像がマッチしているのかという点を確認する意味合いが込められています。

どういった企業なのか、事前に調べておき、求められている自己PRを用意しておくことが大切です。

その中で、自己PRについては簡単な長所を話すだけでなく、具体的なエピソードを盛り込むことで、人事の方が理解しやすい自己PRにできるでしょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ