自己分析ツールとは

自己分析とは、自分の経験やこれまでの体験から得られた価値観を分析することです。強みや弱みに分類でき、思考の方向性などを客観的に理解できます。自分の将来像なども分析できることから就職活動に活用されてきました。

自己分析ツールを使うと、手軽に分析できるところが重要です。なぜその企業を選んだのか、根本的な部分から分析が進められます。例えばなかなか見えてこないモチベーションや価値観の部分も分析ができるのです。このような分析から、就職活動としての質の向上も目指せます。

なぜ?という言葉で始まる

自己分析で重要なポイントは、なぜという言葉にかかっています。なぜと自分に対して投げかけてみましょう。そこから返ってくる答えが自己分析のひとつです。
例えば頑張ったことは何かとスタートします。部活動にがんばってきたと答えが出たのなら、なぜと問いかけてみます。なぜ頑張れたのか、何のために頑張れたのかがわかると自分の本質的な部分が見えてくるのです。
一つのことをどんどんと掘り下げていく方法であり、そこから派生したことに、さらになぜと投げかけていきます。この繰り返しをしていくことで自己分析が進んでいくのです。

なぜと問いかけるのは頑張ったことだけではありません。なぜその企業を選んだのかと問いかけてみましょう。これだけで志望動機の分析ができるのです。エントリーシートや履歴書を書いている時に、志望動機で迷うこともあるはずです。そんな時にも自己分析を進めれば答えはおのずと出てきます。

自己分析ツールとは

自己分析ツールで行うこと

自己分析ツールではさまざまなポイントがあります。軸や要点を押さえて使わなければ、せっかくの自己分析ツールもブレてしまうからです。

3つの軸

自己分析には3つの軸が存在しています。「好きなこと」「得意なこと」「需要があること」この3つを軸として自分の特性を判断していきましょう。
ツールとして簡単な方法は、この3つの軸を紙の上に書きます。丸で囲ってその中に当てはまる事を書いていきましょう。需要があることは、できるだけ単純に考えると答えが出てきます。人と比較せずに、何か頼まれたこと頼りにされたことなど書き連ねていけばいいだけです。
どんどんと書き進めていくと、2つの軸にまたがることが出てきます。部活が好きで得意なこともあったとすれば、どちらにも当ては。 答えになるはずです。部活が好きで、教えてほしいと頼まれたことがあれば、好きなこと得意なこと需要があることにまたがる場合も出てきます。
このように分析を進めていくと、自分の特徴がはっきりしていくのがわかるはずです。このツールでのポイントは、自分がどんな特徴を持ちどんな人材なのかをはっきりさせるところにあります。

2つの要点

就職活動で企業が見ているポイントがあります。これを自己分析に生かさなければいけません。企業が見ているポイントは単純です。
企業が求める人物像に沿った人材で性格を他人に伝えられるかが要点となります。

この二つの要点は何かと考えなければいけません。企業が求めている人物像は、求職者側からは明確な答えが出ないはずです。だからこそ自分の性格を他人にしっかりと伝えられるよう分析が必要となります。そのためにツールを活用するのです。
逆に言えば、企業が求めている人材であると言葉にできれば、強いアピールになるでしょう。朧気に性格を伝えるのではなく明確にできれば、他の事もはっきりと伝えられると分かります。

自己分析ツールは使うだけでは意味がなく、このように言葉にすることが大切です。言葉になって初めて相手に伝えられるのを忘れてはいけません。

自己分析ツールで行うこと

自己分析ツールでの失敗

自己分析ツールを使うのは非常に簡単ですが、ツールはツール以上の答えを出せません。自分が間違った方向でツールを使うと、返ってくる答えもぶれてしまうのです。その失敗例を理解しておくことが失敗を防ぎます。

長所などないと思い込む

自己分析を行う上で客観視できないのは必ず失敗を招きます。その中でも自分には長所がないと思い込むのは、欠点しか掘り下げていきません。
自己分析ツールのいいところは、自然と掘り下げて広げていける点にあります。そのスタート地点が間違ってしまえば、答えも必然的に違う方向に行くでしょう。
そもそも長所がない人などいません。他の人と比べて長所とは言えないかもしれませんが自分の中で他の能力よりも秀でているものは必ずあります。ないのは資格条件が間違っているだけです。
仮に長所がなかったとします。ならば短所はあったでしょう。短所をどのように長所として使えるのか、ポジティブな判断ができれば導き出せるのです。自己分析のスタート地点は絶対に間違ってはいけません。

分析レベルが低すぎる

自己分析にはさまざまな方法がありますが、いかに情報を集めていくかが大事なポイントです。情報不足に陥ると分析レベルは必ず下がります。必要な情報が加味されていないから当然です。
情報を広げすぎて浅くなるのも分析レベルが低くなる要因と言えます。言葉をサラダのように広げていくことはできても、一つ一つがしっかりとしなければ分析として成り立ちません。
なぜという言葉は、新たに掘り下げていき分析レベルを高めるポイントです。常に繰り返していく癖をつけると、自己分析ツールを使った時にも有効に働くでしょう。

自己分析ツールでの失敗

自己分析ツールの選び方

自己分析ツールにも色々な種類があります。使うツールによって導き出す方向性などにも違いが出てくるのです。自分に合った自己分析ツールを使うと共に、ぶれないようにしなければいけません。

適性検査

インターネット上などで展開されている自己分析ツールで、いくつかの質問に答えるだけで答えを導き出せるのが適性検査です。考え方などの分析やパーソナリティを把握するのにも役立ちます。非常に簡単で時間もかかりませんが、どのように分析しているのかブラックボックスの場合もあります。結果として客観的な判断ができない可能性もあるのを忘れてはいけません。

マインドマップ

マインドマップは古くから使われてきた手法です。自分の思考を整理するために役立つ方法で具現化するのが簡単なことで知られてきました。
やり方は単純で、紙の中心に問いたい題名を書きます。後は思い浮かぶ言葉をどんどんと出していき、線でつないでいきましょう。
慣れてくるとある程度は大別できるようになります。この塊を見ていくと、さらに細分化していくのがわかるはずです。まるで蜘蛛の巣のように広がりを見せて行きますが、線をたどっていくと一つの文章になるのがわかるでしょう。これが自己分析の答えの一つになるのです。
さまざまな問いかけを広げていくとそれだけ情報の精度が上がります。分析レベルも向上をさせられるので、時間をかけてでも広げていくのが大切です。
ただし、マインドマップを作るために思考を整理するのではありません。直感的に出てきたことを並べていくのが大切です。

自己分析ツールの選び方

まとめ

自己分析ツールを使う事により、エントリーシートや履歴書の志望動機なども書けるようになります。利用方法はこれだけではありません。面接の時の質問などを想定し、自己分析ツールを活用するのも大切です。さまざまな答えを導き出す後に活用できるため、就職活動でも上手に使っていきましょう。

まとめ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ