企業は1分間自己PRで何を見ているのか?

企業が自己PRで見ている点が3点ありますので、説明したいと思います。

①学生の人柄・人間性を見たい

採用担当者はエピソードそのものではなく、学生の強みを聞くことにより、学生本人の人柄や人間性を知ろうとしています。自己PRは変に取り繕わず、ありのままの自分の魅力を伝えることが大切です。

②自社との相性がマッチしているかどうか

応募してきた学生が自社の社風や企業理念に合っていて、入社後十分に力を発揮できるかどうかを見極めるためです。ですから①で述べた人柄を見て「この人は我が社に合っている」「長く活躍してくれそうだ」と企業は判断するのです。
会社との相性が合わずに入社してしまうと早期退職に繋がりかねません。会社は社員にできるだけ長く働いて欲しいものです。そういったミスマッチを防ぐためにも「自己PR」を聞く必要があると言えます。

③分かりやすくまとめれる力があるか

企業の採用担当者は学生の「自己PR」を聞いて「伝達力がある話し方」や「いかに分かりやすく簡潔的に話せているか」なども見ています。企業の採用担当者に分かりやすく説明をするためには、言語化能力やまとめる力が必要です。これらの力はビジネスシーンでも欠かせず、とても重要なことです。

企業は1分間自己PRで何を見ているのか?

自己PRは「自分の強み」を焦点にして話す

自己PRは「自分の強みとは何か?」を話します。自分の強みが表れているエピソードに根拠を持たせ、自分が持っているスキルや価値観などをアピールし、入社後どのようにそれを活かしていくかが伝わるように話しましょう。
そこで押さえておきたいのが、PREP法を用いた話し方です。
Point(結論を述べる)→Reason(理由を示す)→Example (事例、エピソード)→Point (再度結論でしめる)という方法です。「私の強みは〇〇です。」と断言する話し方を意識しましょう。

自己PRは「自分の強み」を焦点にして話す

1分間自己PRを話す際のポイント

1分間自己PRを話すポイントが3点ございますので、ご説明したいと思います。

①結論ファースト

どのような質問でも、質問には結論から話すようにしましょう。質問に対する的確な結論を最初に言って、その後に簡潔的な理由やエピソードを添えることで、内容が整理され、採用担当者も理解しやすくなります。採用担当は結論から先に話すことで、「この人の強みは〇〇だ。」と把握した上で、その後の展開を想像することができます。

②エピソードを簡単にまとめる

結論から話したら、次は具体的なエピソードを添えてわかりやすい内容にしましょう。より具体的なエピソードを話すと説得力が増しますが、時間オーバーとなります。簡潔的でありながら具体的に書くためには、5w1h(いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように)を意識して書くことで、わかりやすい内容にすることができます。具体的なエピソードが思いつかない場合は、これまでに自分の人生で起きた大きな出来事やイベントなどを思い返しましょう。

③「PREP法」で話す

先ほど述べた「PREP法」の話し方を詳しくご説明したいと思います。

1.「Point」‥‥結論
まず最初に伝えたいことを冒頭に一言で話します。全てを書くのではなく、端的に要点や結論だけ話すことが重要です。自分の特徴を話すとよいでしょう。この時に「○○だと思います」のような曖昧な表現は避け、「○○です」と言い切って話しましょう。表現が曖昧だと、自己分析が足りていないのでは?と判断されるので、気を付けましょう。

2.「Reason」‥‥理由
次になぜそれが強みであると思ったのか、最初に「結論」で書いたことの「理由」を簡潔的に話します。このように理由を書くので、なぜその結論になったのかをよく自己分析しておくことが必要です。

3.「Example」 ‥‥事例、エピソード
次に具体的なエピソードを話します。ここで起こった出来事と、それをどう対応したのかを簡潔的かつ具体的に話しましょう。そうすると、より学生の人柄や思考が分かるので、良い自己PRになります。

4.「Point」 ‥‥再度結論でしめる
もう一度「結論」を話します。1と内容は同じであっても、表現を少し変えて書くと良いでしょう。そして最後に「企業でどのように貢献できるのか」「自分を雇ったら企業にどんなメリットがあるのか」を主張しましょう。「この人は戦力になるだろう。」「一緒に働きたい!」と思ってもらえるように意識しましょう。

1分間自己PRを話す際のポイント

自己PRを1分間で効果的に伝える注意点

4点ございますので、ご紹介したいと思います。

①一文を長くし過ぎず端的に話す

面接官に良く見せようとして一文を長く話さないようにしましょう。一文が長いと結局、何を伝えたかったのかが分からなくなってしまいます。わかりやすく端的に話すことを意識しましょう。

②抑揚や表情に気をつける

1分間という時間に気を取られ過ぎて抑揚がなく話したり、表情がこわばっていたりします。自己PRの内容が良くても見た目の印象が良くなければ意味がないです。抑揚や表情にも気を付けて話しましょう。

③口癖は出ないようにする

1分間とはいえ、意外と話すことができます。話していると、つい口癖が出てしまったりしてしまいます。「です〜」「は〜」「も〜」といった語尾を伸ばすクセがある学生は気をつけましょう。面接で語尾を伸ばして話してしまうと、幼稚で軽い印象を持たれてかねません。クセが出ないように練習・改善をしましょう。

④適切な速度で話す

時間を気にして、早口になってしまうと細部の内容が聞き取りづらく、落ち着きのない印象を与えてしまいます。面接はどうしても緊張してしまいますし、緊張すると普段より早いスピードで話してしまいます。なので、普段自分が話すスピード以上にゆっくり話すことを意識しましょう。逆に1分を余らしてしまうといけないと思い、ゆっくり話すこともやめましょう。面接ではアピール内容が面接官にきちんと伝えることが大切です。

自己PRを1分間で効果的に伝える注意点

自己PRで使える「長所・強み」一覧

「長所・強み」を6種類に分けてまとめました。

①行動力・継続力系

集中力、向上心、努力家、積極性、チャレンジ精神、実行力、行動力、ハングリー精神、継続力

②対人関係力・チーム力系

協調性、競争心、負けず嫌い、社交性、交渉力、傾聴力、発信力、思いやり、ホスピタリティ、育成力、柔軟性、コミュニケーション能力、笑顔、リーダーシップ、臨機応変、調整力、縁の下の力持ち、気配り

③考える力・問題解決力系

論理的、理解力、発想力、想像力、企画力、分析力、状況把握能力、文章力、工夫力、記憶力、思考力、マーケティング力

④落ち着き系

几帳面、慎重、冷静、丁寧、謙虚

⑤マインド系

プラス思考、ポジティブ、明るい、忍耐力、真面目さ、誠実さ、責任感、計画性、環境適応能力、情熱、判断力、好奇心旺盛、素直

⑥スキル系

PCスキル、語学力、資格、知識、プレゼン力

自己PRで使える「長所・強み」一覧

まとめ

今回は1分間自己PRのポイントや注意点についてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。1分間は体内時計で計るのはただでさえ難しい上に、面接という緊張する場であるとなおさらです。1分間がどれくらいなのかを確認し、きちんと話すことが出来るように事前に何度も練習を繰り返しましょう。

まとめ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ