【対策】そもそもCAB・GABとは?

CABとは、「Computer Aptitude Battery=コンピューター職適性診断テスト」の略であり、
GABとは、「Graduate Aptitude Battery=総合適性診断テスト」の略です。
どちらも日本エス・エイチ・エル社から提供されている、新卒採用の場で使用される適性テストです。
同じく新卒採用の適性検査で使用されるSPIや玉手箱よりも、採用している企業が少なく、難易度の高い問題が多いのが特徴です。中学・高校レベルの問題が出題されるSPIとは異なり、事前に対策していないと解けないような難しい問題が多いので、受験する場合は対策が必須となります。

CAB・GABの種類

CABとGABどちらも、「自宅」「企業」「テストセンター」の3パターンのテスト形式があり、それぞれ名称が異なります。

《企業での受験:CAB・GAB》
企業が用意した会場に行き、マークシート方式で受験する筆記試験です。電卓を使用することができます。

《自宅でのWeb受験:Web-CAB・Web-GAB》
自宅や大学などのパソコンなどを利用してWeb上で受けるタイプの試験です。電卓を使用することができますが、筆記試験よりも制限時間が短く、難易度が高いのが特徴です。

《テストセンターでの受験:C-CAB・C-GAB》
全国にあるテストセンターに行き、設置されているパソコンを使って受験します。不正を防ぐために本人確認の写真撮影があることや、電卓が使えないのが特徴です。

CAB・GABの違い

CAB・GABの主な違いは、出題科目です。

CABの科目:暗算・法則性・命令表・暗号・性格判断
GABの科目:言語・計数・性格診断(Webテストのみ英語が追加)

CABはIT関連職向けの適性検査のため、エンジニアやプログラマ、SEなどが対象となっており、暗号や法則性といった思考力を問う問題が多いことが特徴です。
一方、GABは新卒採用を対象とした総合適性テストであり、専門的な問題を出題する必要がないため、一般的な科目である「言語」「計数」「性格診断」などで構成されています。

CAB・GABを採用している企業

CABは、IT関連職向けの適性検査なので、情報処理・システム関連の企業の多くで採用されています。GABはもともとはコンサル業界を中心に採用されていた適性試験ですが、近年は商社や証券会社など、さまざまな企業で採用されています。

【対策】そもそもCAB・GABとは?

【対策】CABの問題の特徴

どのような問題なのか、制限時間と問題数も合わせて紹介していきます。

暗算:素早く暗算で解く問題

【制限時間・問題数】
筆記:10分間・50問
WEB:9分間・50問

法則性:図形の法則をあてる問題

【制限時間・問題数】
筆記:15分間・40問
WEB:12分間・30問

命令表:命令をすべて実行するとどのような結果になるかを選択肢の中から選ぶ問題

【制限時間・問題数】
筆記:20分間・50問
WEB:15分間・36問

暗号:図絵の変化から暗号を解読する問題

【制限時間・問題数】
筆記:20分間・39問
WEB:16分間・30問

【対策】GABの問題の特徴

言語:長文を読み、設問文の正誤を判断する問題

漢字や語句の知識などは問われず、文章の構成など論理的な思考力が問われます。

【制限時間・問題数】
GAB・Web-GAB:25分間・52問
C-GAB:15分間・32問

計数:図表の読み取り問題

【制限時間・問題数】
GAB・Web-GAB:35分間・40問
C-GAB:15分間・29問

【対策】CAB・GABの対策本紹介

CAB・GABで求められることは、制限時間内にいかに早く、正確に答えをだせるかです。解き方のコツをつかんだら、対策本などを使ってたくさんの問題を解き、問題形式に慣れておきましょう。しかし、問題集を使って、ただひたすら問題を解くだけでは意味がありません。実際に時間制限をつけて問題を解くなど、実践を意識した対策をしましょう。

CAB・GAB対策本はたくさん出版されています。その中でもおすすめの対策本を3冊紹介しますので、どの本を買えばいいか悩んでいる就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

『これが本当のCAB・GABだ! 2023年度版』

SPIなど他の適性検査のシリーズも人気があり、対策本の中では定番の一冊。解き方や公式の丁寧な解説がついているので、はじめてCAB・GABの対策本を買う人におすすめです。難易度の高い問題を重点的に載せているため、この本で対策をしておけば、本番の問題をスムーズに解くことができるでしょう。

『CAB・GAB完全対策 2023年度』

実際の試験と同じ難易度で問題が掲載されているのがこの本の特徴です。ただ、問題数は少なめなので、数をこなして問題に慣れたい人には物足りなく感じてしまうかもしれません。本番まで時間がなく、重要な問題の攻略法のみを押さえたいという方におすすめの一冊です。

『最新最強のCAB・GAB超速解法 ’23年版』

問題形式、問題数が実際の試験と同じになるように作られた問題が掲載されています。そのため、時間を測りながら解くことで、より実践的な形式で対策することができます。

繰り返し解くことが大切

たくさんの対策本を買う必要はありません。一冊の対策本でも出題される問題パターンに慣れることは可能ですので、たくさんの問題集をこなすよりも、一冊の本を何度も繰り返すことが大切です。お気に入りの対策本を徹底的に読み込んで、問題の種類や出題パターンを理解しましょう。自分に合った一冊を選び、完璧になるまで繰り返し内容を確認しておくことで、自信をもってCAB・GABを受けることができるはずです。

最新版を選ぶ

CAB・GABの対策本はなるべく最新版を選びましょう。たとえば、23卒の場合は22卒向けではなく、23卒向けの本を選ぶことをおすすめします。適性検査は問題の内容や傾向が変更することもあるため、最新の問題集で出題傾向を知るようにしておくと効率的に対策が出来るでしょう。

【対策】CAB・GABの対策本紹介

まとめ

CAB・GABの対策について解説してきましたが、いかがでしたか。エントリーシートの作成、説明会や面接に加えて、大学の授業やバイトまで。就活中は忙しくてCAB・GABの対策をする時間が十分にとれない可能性があります。しかし、適性検査は、対策をしたかどうかで明確な差がでます。就活が始まってから焦らずに済むように、CAB・GAB対策は早めに始めておきましょう。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ