/category/column/post-2206/

特集記事

  • お気に入り
  • 2029SCORE

【就職活動の9割は写真で決まる!? 証明写真の重要性と撮影方法を紹介!】

【就職活動の9割は写真で決まる!? 証明写真の重要性と撮影方法を紹介!】

志望動機や自己PRの重要性は広く知られていますが、皆さんは証明写真にも気を使っているでしょうか?就職活動のうち9割は写真で決まってしまうと言っても過言ではありません。この記事では、就職活動における写真の役割や重要性について紹介していきます。

履歴書にも使える「Zの法則」

皆さんは「Zの法則」というものをご存じでしょうか?チラシなどの紙媒体を見る時、左上から右上、右上から左下、左下から右下と視線が移動していく法則のことを言います。この視線の移動がZの書き順と同じことから「Zの法則」と言われます。

Zの法則に当てはめると・・・
さて、これを履歴書に当てはめるとどうなるでしょうか。まず左上には名前が書いてあります。よほどのことが無い限り名前で落とすということは無いでしょう。次に見るところはどこか。そうです、名前の次に写真を見ます。あなたがどんな人間なのかを知るための第一印象は、志望動機でも自己PRでもなく写真で決まるのです。

5秒で決まる第一印象

名前を見て写真を見る。この作業は5秒もかからないでしょう。つまりどうでもいい写真を使ってしまうと、5秒以内であなたがおちてしまう可能性が出てきてしまうのです。面接でダメだったのなら納得できます。しかし写真で「こいつはダメだな」と思われ

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ