特集記事

【就活生はシャツも命!】絶対外さないYシャツの選び方決定版

【就活生はシャツも命!】絶対外さないYシャツの選び方決定版

面接においてまず大切なのは、「第一印象」ですよね。

「面接は3秒で決まる」とも聞きます。それほどに就活生にとって印象というのは
大切なんです!
人の見た目は、その人の性格そのものが出ます。キチンとした服装をして
面接に臨むことは必須!ということで、
今回は就活にふさわしい「シャツ」についてご紹介したいと思います。

(そんなところまで見てないだろう。)と思っているのは就活生だけです。

社会人にとってシャツはとても重視するべき要素。印象で周りとの差を広げましょう!

 
画像引用:http://pontablog.mobi/?p=94

【面接官が見るシャツのポイントとは】

 
面接官が面接の時に就活生に求めることは、「清潔感」と「常識があること」です。

清潔感に関して言えば、「シャツの折り目、しわ、シミ」まで見られているのです。

また、個性の強い服装は自己顕示欲が強いと思われ、周囲の社員から浮いてしまう危険性を感じさせるため、控えたほうがいいです。
 
画像引用:http://www.d-department.com/jp/saitoiron/

【面接官が見るシャツのポイントとは】

【選ぶべきシャツのポイントは?】

 
王道は「自分のサイズに合っている白いレギュラーカラーのもの」です。

シンプルがベスト!デザインされていたり、余計な飾りがついているものは生意気に見える為、避けるべきです。
 
☆レギュラーカラーとは?☆

シャツの中で一番スタンダードといえる形状のシャツです。

業界・業種を問わず着られるため、よほどのこだわりが無い限りこれ以外ないでしょう!
 
☆色は?☆

白以外ありえない!と断言してもいいくらいです。

シャツで個性を出すべきではありません。

見た目は「清潔感」、「常識をわきまえているか」が大切といわれているように、素直に標準的な白シャツを選びましょう。
 
画像引用:http://voi.0101.co.jp/voi/webshop/closeup/0101.jsp

【選ぶべきシャツのポイントは?】

【襟(カラー)に注目!ここにも定番が。】

 
一般的にオーソドックスのレギュラーカラーのワイシャツを選ぶとよいでしょう。

ボタンダウンでも問題はないそうです。

しかし、ボタンダウンのシャツは少しカジュアルな位置づけのシャツです。

フォーマルを突き詰めるならば、レギュラーカラーが無難でしょう。
 
☆襟(カラー)について☆

カラーの種類は10種類以上あります。その中のいくつかをご紹介。
 
<レギュラーカラー>

長さや襟の開き具合が標準的なもの。
 
<ショートポイントカラー>

レギュラーカラーの少し短いバージョン。

逆のロングポイントカラーもある。
 
<ナロースプレッドカラー>

襟の開き具合が狭いもの。

逆のワイドスプレッドカラーもある。
 
<ボタンダウンカラー>

衿先を身ごろにボタンで留めている衿型のもの。
 
<タブカラー>

左右の衿羽から出したタブ(つまみひも)の上にネクタイを通して、衿元を引き締

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ