特集記事

勤務地と遠距離恋愛 【前編】

勤務地と遠距離恋愛 【前編】

就活と恋愛は、オフィシャルとプライベート。だから表向きは水と油のような関係です。しかし人間の思考と行動の根っこは同じ。2つの領域を切り離せる人間は一人もいません。そこで、プライベートの象徴である”恋愛領域”から就活を眺め、今まで気づかなかった新たな視点を発見する、『就活⇔恋愛 充実の方程式』を綴ります。

地方在住の学生に多い悩み、それは・・・。

今回の記事は、どちらかというと特に地方在住の学生に多い悩みです。

現在一人暮らししている学生や、今は地方に住んでいるけど、勤務地は遠い別の場所になる可能性がある学生の方は、たくさん出てくると思います。

自分の勤務地を決める際に、意外と心の比重を占めるのが恋愛問題です。今はお互い近くに住んでいるので、会おうと思えばいつでも会えます。でも卒業して新生活を別の場所で始めないといけなくなった場合、果たして遠距離恋愛はできるでしょうか?

今付き合っている相手が、就職は地元にUターンするという場合に、自分としても離れたくないので、自分も相手の地元で就職しようかな?と漠然とでも考えている人はいませんか?

ちなみに僕は、学生時代に新潟の子とお付き合いしていて、就職は新潟でしようと真剣に考えた時期もありました。今となっては若かりし頃の思い出話ですが、このように恋愛って、人の判断を惑わせる麻薬のようなものだ・・・と個人的には大いに惑わされたので、そう思います。

でも、曲がりなりにも社会人として20年近く経ち、40代中盤の現時点から当時を振り返りつつ考えた際に、勤務地を恋人に合わせたほうがいいかどうか?という命題には、ハッキリとした回答が僕の中にはあります。

卒業後の勤務地は、相手に合わせて就活すべきか?

卒業後の勤務地は、相手に合わせないほうがいいです。特に縁もゆかりもない、ただ相手の出身地だからという理由だけであれば、どんなに離れて辛くても遠距離恋愛を選ぶのが正しい選択だと僕は思います。これは男女問わず同様。だから、どんなに相手が近くに住みたいから一緒に来てって言ったとしても、グッと堪えないといけません。いや、いけなくはないけど、相応のリスクもある、ということですね。

今まさに、こういうことで悩んでいる人がいたら、別に相手との仲を引き裂こうとしている訳ではないですよ。

就職してからも近くに住んで、一緒に社会人生活を送りたいという気持ちはよく分かります。僕だってそうでした。でも学生の皆さんは、まだ社会人生活をスタートさせてはいないのだ、という事実を軽く見てはいけません。就きたい会社に内定をもらった、ということと、その会社で仕事がうまくいく、ということは、決してイコールではないのです。

飛行機トラブルと勤務地選びの似ている点。

突然ですが、飛行機はどのタイミングでトラブルにまみえる危険が一番高いか知っていますか?実は離陸の時なのです。離陸

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ