上手くいかないときはとことん上手くいかない

 
筆者は8月から企業の面接を受け始めて、8月の下旬段階で内定はゼロでした。周りから8月に内定が決まらないとヤバいみたいな雰囲気もあってか自分自身ものすごく落ち込みました。

 

志望先の企業は筆記試験で落ちることが大半、なんとか面接までこぎつけるものの内定まで届かず(それどころか最終面接まで進んだ数もゼロ)ケースがほとんど…。
正直、脳裏に浮かぶのはマイナスイメージばかりでした。それでも可能な限りは就職活動を続けようと思い、採用募集をしている調べ、ESをひたすら書いて応募し続けました。

 

ところが、帰ってくる返事は「慎重に選考をさせていただきました結果、誠に残念ながらこの度は貴意に添いかねる結果となりました。何卒悪しからずご了承いただきますよう、お願い申し上げます。○○○○○さんの今後一層のご活躍を心よりお祈り申し上げます」というお祈りメールが続出。本

新規会員登録はこちら
ページトップ