/category/column/post-26452/

特集記事

  • お気に入り
  • 2577SCORE

【ここだけ抑えよう】面接で意識するべきポイントは「自己紹介」と「志望動機」

【ここだけ抑えよう】面接で意識するべきポイントは「自己紹介」と「志望動機」

就職における面接は基本的には面接官との対話という形式で進行します。
筆記試験のような明確な問題と回答が存在するわけでは無くあくまで対話のためその流れは十人十色となるような感もあります。しかし面接の目的は何か?という問いに対しては、面接官は志望者と直接話してみて自社にとって必要な人材であるか?自社に利益をもたらしてくれる人材であるか?といったかなり明確な目的が存在するといえます。
そうなってくると面接の場において、どのような質問をされるか?面接官は志望者のどのような点に注目するか?等に対してある程度の傾向が見られるようになるのは自然な話です。つまり面接には、事前に準備しておくべき、意識しておいた方がいいポイントがいくつか存在するのは間違いありません。

面接における「自己紹介」で意識するべきポイント

面接の場でほぼ必ず面接官から尋ねられる質問に自己紹介があります。
当然面接官とは初対面なわけなのでごく自然な流れといえますが、この自己紹介で面接官は一体何を知りたいのでしょうか?
自己紹介と一言で言っても意味が広く抽象的ですね。自分を紹介する事でOKならば血液型の事、名前の由来の事、子供のころの思い出など、自分に関する事はなら何でも自己紹介になります。しかし当然ながら面接官が知りたいのはそういった事ではありません。
面接の場で、面接官が知りたい自己紹介とは、志望者が今まで何をしてきたか、です。そしてそれが志望する会社とどれくらい関係性が深いか、面接官が知りたいのはその一点と考えて良いでしょう。そういった意味で面接の場における自己紹介は自己PRの意味合いが強いといえます。自分にとって一番の得意分野、この話題ならいくらでも話せるといったような内容を、今までこれを重点的に行ってきました、という形で自己紹介に繋げるのが望ましい自己紹介の形といえます。

面接における「自己紹介」で意識するべきポイント

面接における「志望動機」で意識するべきポイント

面接の場で自己紹介と並んでほぼ必ず聞かれる質問がこの「志望動機」です。前項目の自己紹介とこの志望動機、この二つが面接でしっかり話すべき二大要素といえます。この二つの質問をしっかり答える事ができれば面接はほぼ成功といっても過言ではないのです。
志望動機とは簡単に言えば志望した会社に入社して何をしたいか?です。そしてこの何がしたいか?という問いの答えは前項目で解説した自己紹介のなかにヒントがあります。
自己紹介とは今まで何をしてきたか?そして志望動機はこれから何がしたいのか?という質問と考えればOKです。つまり「自己紹介」と「志望動機」には一連の繋がりがあるはずなのです。
もし志望動機が思い浮かばなくて困った時は前項目で解説した自己紹介を掘り下げて考えてみましょう。その中にヒントが隠されているはずです。

まとめ

面接の時にほぼ必ず聞かれる質問に、自己紹介と志望動機の二つが存在します。そのためこの二つの答えは事前に考えてスムーズに答える事が出来るようにしておく事が面接での必勝法といえます。面接官が知りたい事は主に、自己紹介で今まで何をしてきたか?そして志望動機で、これから何をしたいのか?この二点に集約されると考えて良いでしょう。その他の質問も形は違っても、知りたい点はこの二点です。そして自己紹介と志望動機には過去と未来で一本に関連している必要があります。志望動機の答えは自己紹介の中に隠されています。そのためまずは自分が今まで何をしてきたか?というアプローチで自己紹介を考えましょう。そうすれば志望動機は自然と浮かんでくるはずです。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ