/category/column/post-26997/

特集記事

  • お気に入り
  • 757SCORE

【面接官は新聞推し!】就活生が読むべきは新聞?ネットニュース?

【面接官は新聞推し!】就活生が読むべきは新聞?ネットニュース?

 
就活ノート運営担当のとっきーです!
グノシーやスマートニュースなどに代表される、情報キュレーションメディアが急速にして普及し、様々なメディアが情報を発信している中、就活生の多くはネットニュースを主な情報源にしていると思います。
 
しかし、就活生は新聞を読むべきだという大人の意見もあります。
実際、就活生は新聞を読むべきなのでしょうか?それともネットニュースだけ見ればよいのか?
今回は就活生にとっての「新聞」と「ニュース」の良さを比較してまとめてみました。
 
画像引用:http://www.homemate-research-newspaper-office.com/useful/12626_facil_029/
 

【新聞の良さ】

 
① 「面接官には新聞を情報源にしている人が多いため話が合いやすい。」
面接では確実な情報を元に自分の意見を述べることが求められます。新聞を読むことによって、面接の知識質問に対して自分の意見を常に考える練習にもなるので、毎日積み重ねていくことで大きな力になるでしょう。
 
② 「経済の外観を把握しやすい。」
経済の動向を知るためには新聞を読むべきです。
 
③ 「幅広い分野の記事を読める。」
ネットニュースを読む際には気になる記事しか読まないことが多いですが、新聞では様々な情報が一度に勝手に目に入ってくるため、新たな発見が多く、幅広い知識を身につけるにはもってこいです。
そのため、まだどんな業界を目指すのかが定まっていない人には特におすすめだと言えるでしょう。
 
④ 「信頼度が高い。」
ネットニュースと比べて一番の優位性は、その信頼度の高さだと言えます。
新聞によって意見に違いがあるため、多くの情報を様々な視点から見ることためにはいくつかの経済新聞を読みあさることが最も有効です。
 

一方、かかるコストが大きいことから、「費用対効果」の面の問題、そして志望する業界の知識が本当に深まるのかという疑問があります。
新聞は一か月5000円ほどかかる上に、一通り目を通すには30分~1時間がかかります。
しかもそれを習慣づけて長い期間続けないとあまり意味がないため、実行するにはそれなりの負担がかかります。
それに、経済新聞を読むことで全体像をつかむためには有効である一方、興味のある業界の知識だけ身につけたいという人にとっては効率的ではありません。
 
画像引用:http://ameblo.jp/hiroyuki-lifecareer/entry-11322738048.html

【新聞の良さ】

【ネットニュースの良さ】

 
① 「手軽さ」
何と言ってもネットニュースは手軽であるところが一番の良さでしょう。
いつでもどこでも空いた時間に気になる記事を読むことが出来るので、忙しい就活生のほとんどがネットからの情報で知識をつけていると思います。

② 「自分の興味のある分野を深堀しやすい。」
気になる記事、好きな記事だけを検索して読むため、効率よく知識を得ることが出来ます。
 
③ 「情報量が膨大」
特定の情報を求める時には、新聞よりもネットニュースの方が情報量は圧倒的に多いため、ネットニュースの方が有効だと言えるでしょう。
 
一方、情報の信頼度が新聞に比べて低いこと、情報の取捨選択の難しさ、そして経済の全体像が把握しにくいというデメリットもあります。
最近では、電子新聞が普及してきて適切なメディアを選択できれば信頼度の面の問題は少なくなっています。しかし、情報があふれている今、限りある時間の中で、いかに自分に有益な情報を選べるかが重要になっています。
 
画像引用:http://thestartup.jp/?p=9682

【ネットニュースの良さ】

【就活においてニュースから得られる知識は必要ない?!】

 
就職活動を進めていく中で新聞やネットニュースの情報を元に志望する業界を決める人が多いと思います。もちろんニュースから得られる知識は志望業界への理解のために必要です。しかし、それだけでは不十分です。志望する業界についての深い理解のためには、実際の現場の声を直接聞く方が何倍も効果的なので、OB訪問などで社員の方から話を聞くことをおすすめします。同じ言葉でも、文面から得たものと直接現場の人から聞いた話ではその情報の重みが違い、自分への吸収度合いも違うものです。
 

【まとめ】

 
新聞とネットニュースはそれぞれにメリット・デメリットがあるため、目的や自分の置かれている状況、そして好き嫌いに応じて使い方を分けるべきだと思います。
そして、業界・企業研究に関しては新聞・ネットニュースに頼り過ぎず、業界の雑誌や論文、OB訪問などを活用するのがよいでしょう。
 
今若者の新聞離れが叫ばれますが、多くの社会人の情報源は新聞です。世代の違いもありますが、新聞には長い間培ってきた信頼があるため、確実な情報を求める社会人の多くは新聞を読みます。社会人になってからの事を考えると、学生のうちから新聞を読む癖をつけておくべきなのかもしれませんね。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ