特集記事

内定取り消しの【理由】【事例】【対処法】

内定取り消しの【理由】【事例】【対処法】

みなさん、こんにちは!のっちです。

内定をいただいて就職活動を終えた人、おつかれさまでした!
今回は、そんな内定者のみなさんに、“内定取り消し”について
お伝えしたいと思います。
せっかくいただいた内定、取り消されたら大変ですよね!?

それでは、
内定取り消しの理由・事例・対処法を見ていきましょう。

内定取り消しになる理由

内定取り消しの理由として、以下のことが挙げられます。
 

① 学校を卒業できなかった
② 入社の際の必要書類の提出や資格の取得がなかった
③ 健康を著しく害した
④ 履歴書などの提出書類と事実に大きな相違があった
⑤ 採用にさし支えるような犯罪を犯した

 
これらの理由が挙げられます。
一番多いのは、①の学校を卒業できなかったことらしいです。
単位くらい、しっかりとりたいですよね。
 

内定取り消しになる理由

内定取り消しの事例

では、実際に内定取り消しの事例をいくつかご紹介します。
同じようなことをしていないか、注意してみてください。

《事例1:Twitterの投稿》
ある大学生が、ツイッターで不適切な発言をしたことが、ネットで炎上し、騒動となりました。名前が特定され、内定先の企業に電話やメールを送って、内定取り消ししよう!との呼びかけが始まり、実際に内定取り消しされました。

《事例2:Facebookでの投稿》
Facebookで、人事部長のことを「きもいオヤジ」と発言した学生が、メディアリテラシーがないとして、内定を取り消されたそうです。SNSは公共の場であることがわかっていなかったのでしょうか。人事担当はSNSをチェックするようになってきています。

《事例3:妊娠した》
ある女子学生は、彼氏との間に赤ちゃんができたことがわかり、それを内定先に伝えたところ、内定を取り消されてしまいました。これは、法律的には妥当なようです。

内定取り消しの事例

内定取り消しは違法なのか?

もし内定を取り消されてしまったら、どうすればいいでしょうか。
ここで大切なポイントは、

無料登録して記事の続きを見る

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ