特集記事

有利なはずの「体育会系学生」が就活に失敗する原因5つ

有利なはずの「体育会系学生」が就活に失敗する原因5つ

 
体育会系学生は、ガッツがあり、部活での青春体験を面接で話せるので有利にも関わらず、
なかなか内定を決められなくて、部活も就活も悔いの残る形で大学生活を終えてしまう学生もいます。
   
彼らはなぜ、就活に失敗してしまうのでしょうか?

① アピールポイントを間違えている

 
ほとんどの場合、面接官はエントリーシートや履歴書を見た段階で、「体育会系学生」という1つのイメージを持って面接に来ます。
それは確かにメリットとなりますが、そのイメージ以上のものを面接で出さなければ、印象にも残りません。
 
 
たとえば、体育会系学生といえば、「努力できること」「継続力」が魅力の1つです。
でも自己PRで「努力」や「継続」をアピールしても、「そりゃあそうだよな」と思われるだけで、印象には残りません。
 
既にわかっていることをアピールしても意味がないのです。
 
 
エントリーシートや履歴書から想像できる内容ではなく、そこからさらに具体的に「それだけじゃない」と思わせる自己PRを考えましょう。

② 面接官のイメージとずれる

 
先述した通り、面接官は「体育会系学生」というイメージを持って面接に来ます。
「元気がいい」「明るい」「自信を持っている」というようなイメージです。
 
そこで下を向いて声の小さい学生が部屋に入ってくると「期待はずれ」という印象を与え、一般の学生以上にマイナスのイメージを持たれてしまいます。
 
 
体育会系学生の有利な点をアピールするためには、「体育会系らしい」態度が必要です。
 
大きな声で挨拶、姿勢よく、笑顔で面接に臨みましょう。
髪型や身につけるものなども、清楚や知的なイメージなものよりも、元気のよさや情熱を表現できるものを選ぶと、より「らしい」印象を与えます。

③ 他の体育会系学生と差異がない

 
「体育会系」を強みにする上で気をつけたいのは、他にも体育会系学生がいる、ということです。
 
一般学生に比べると有利な点は多々あるかもしれませんが、だからといって企業も体育会系学生ばかり採用するわけではありません。
そのため体育会系学生を採用する枠、人数は大体決まっています。
 
となると、本当のライバルはほかの体育会系学生たちなのです。
 
 
同じ体育会系学生だと、どうしても似たような自己PRになりがちです。
 
「困難に直面し、努力で克服、試合等で結果を出した」というものです。
 
 
他の体育会系学生と差をつけたいのであれば、そこにさらに「工夫したポイント」や「その考えに至った経緯」などの、自分ならではのエピソードを加えましょう。
 
もちろん部活動以外にアルバイト

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ