特集記事

【内定を辞退した会社への未練・後悔】どう向き合う?

【内定を辞退した会社への未練・後悔】どう向き合う?

さて、多くの人が就活を終えてきてますが、

全員が納得して就活を終えられるとは限りません。
 
志望する企業に内定をもらえなかった人、十分な就職活動ができなかった人、
そして、内定辞退したものの、その企業にまだ未練がある人もいると思います。
 
「あの企業にしておけばよかった」

そんな後悔とどう向き合ったらよいのか、一緒に考えましょう。

知名度で就職先を選んだことを後悔

まずはこちらの記事を読んでみてください。
 
http://president.jp/articles/-/16316
 
元陸上選手の為末大さんが、就職先選びを後悔している男性についてアドバイスをしています。

この男性は知名度と会社の規模でA社を選んで就職したものの、業務内容や勤務地など好条件が揃っていたB社の内定を辞退したことを後悔しています。
 
為末さんの意見と合わせて、この後悔との向き合い方について、考えます。
 

もったいない病

 
記事の中で為末さんが使っている「もったいない病」という言葉。

まさにこの状態にぴったりな言葉です。

選ばなかった方を惜しんで思い続けてしまうんですよね。

この「もったいない病」になってしまうと、
その後の生活全てが不幸に感じてしまいます。
 
 
A社を選んでもB社を選んでも変わらなかったかもしれないのに、

悪いことはすべてB社を選ばなかったせいだと思えてきます。

たとえ良い状況にあったとしても、

B社を選んでいればもっと良かったかもしれない、と

自分で不幸だと思いこんでしまうのです。

悔み続けて「もったいない病」になると、

自分をどんどん不幸にしてしまいます。
 
 
この後悔を断ち切るためには、どうしたらよいのでしょうか。

選ばなかった未来は妄想でしかない

 
そもそも、B社を選んだとして、どんな未来になっていたかはわかりません。

実際にはA社よりも良くない環境だったかもしれません。
 
つまり「B社の方が良かった」というのは妄想でしかないのです。
 
 
所詮人は「隣の芝は青く見える」ものです。

B社への思いが強かったから余計美化して見えているだけなのです。
 
こういう場合は、例えB社に入っていても、

A社を選んだ未来を妄想してしまうのです。
 
実際がどうなのかわからないのにB社のことを妄想するのは、

A社に入ったという現実から逃げているだけです。
 
 
 
試しに好条件なはずのB社が、入ってみたらブラックだったことを想像してみましょう。

「ああ、入らなくてよかった」と思うくらい。

 
もちろんそれが現実とは限りませんが、「B社が良かった」も「B社は良くなかった」もどちらもただの妄想でしかないので

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ