就活においての業界研究

業界研究・会社研究・仕事研究の始め方

業界研究・会社研究・仕事研究の始め方

業界研究始めてますか?

こんにちは。
マイストーリー 講師の江藤です。

11月からはもう既に毎日いろんなセミナーが開催されています。
内容は業界研究・会社研究・仕事研究など。
種類や内容があり過ぎてどれから参加したらいいのかわからない就活生が多いですね。

「どのセミナーから参加した方がいいのか?」

答えは「どのセミナーから参加してもいい」です。
自分が興味を持っている業界・会社・仕事から業界研究や会社研究、仕事研究をしていけばいいのです。

「行きたい業界や会社、やりたい仕事はまだなくて。。。興味があるところからと言われても。。。」

という人も多いです。
そのようにまだ自分が何に興味があるのかわからない人はアルバイトや学校など自分の用事が入っていない日時に開催されているセミナーやイベントに参加すれば大丈夫です。
セミナーの内容は業界研究でも会社研究でも仕事研究でも何でも構いません。リクナビやマイナビなどで日程検索ができるので、探して参加応募していきましょう。

セミナーでは興味が湧けばよい

セミナーやイベントに参加して内容が面白いと思えばその業界・会社・仕事について深く調べる興味が湧きます。興味が湧いたらそのセミナーでわからなかったことや業界・会社・仕事について調べていきましょう。
セミナーやイベントに参加して内容が面白いと思えなければその業界・会社・仕事を調べる優先順位を低くすればよいのです。自分の興味が湧く業界・会社・仕事から優先順位高く調べていきましょう。

自分の興味を拡げたり深めたりしていこう

例えば金融業界の勉強をすると、銀行や証券、リースや信販などさまざまな種類があることがわかります。
銀行に興味を持ったとすると、銀行には都市銀行や地方銀行、第二地銀もあればネット銀行など新しい形の銀行もあり、その種類は豊富です。

IT業界はあまりにも広過ぎて業界研究をするなら早めにしておいた方がいい業界でもあります。
ソフトウェア開発からネットワーク開発、コンピュータのハードを造るところもあればシステムを開発するところもあります。システム開発にもいろんな目的・用途があり、具体的にどんなことをしているのかを社員に聞かなくてはなりません。

仕事研究をすると、制作や事務、営業など様々な職種があります。営業は有形営業や無形営業、新規営業や既存営業などその種類は業界や会社によって様々です。

世の中で実際に行われている仕事を理解するにはたくさんの業界を調べる必要がありますし

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ