/category/internship/post-3550/

インターンシップ

  • お気に入り
  • 4075SCORE

【18卒】インターンシップに参加せよ!4つのメリット

【18卒】インターンシップに参加せよ!4つのメリット

 ~インターン枠から内定を貰った内定者によるアドバイス~

「サマーインターン」「オータムインターン」等、就活生なら必ず聞いたことがある単語だと思います。
インターンシップとは何かという点について書いてきます。

Q.インターンって何をやるの?

インターンのタイプは、大きく2つに分類できます。
①就労体験型 ②グループワーク型
 
①就労体験型
長期間で実際に社会人と同じように働いてみるインターンシップの形です。ソフトバンク、ベンチャー企業などでこの形態がとられています。ソフトバンクのインターンは2週間、就労体験という事で実際に働くプログラムのようです。
 
②グループワーク型
4~8人の少人数でグループワークをし、最後にプレゼンテーションをする、というような形のインターンです。多くの企業のインターンがこのタイプではないでしょうか?期間としては、1日~1週間と様々であり、泊り込みでグループワークをするものもあるそうです。
 

Q.インターンって何をやるの?

Q.インターンって何の為にやるの?

メリットが4つあります!
 
① インターン選考を通して、面接やESの練習となる。
インターン選考は、実際に人事の方がESや面接を選考してくれます。
そこで、ESを書いたとき、面接で落ちたとき受かったとき、それぞれ原因が何だったの考えてみましょう!
特に、グループ面接やグループディスカッションの緊張感を体験することをお勧めします。
 
② 優秀な同年代の学生に合える。
これは、一見普通のことに感じるかもしれませんが
インターンの時期に出来た優秀かつ、意識の高い友人は、就職活動中に企業情報・選考情報を共有できるなど、大変役立つと思います。
 
③ 内定に近づく?
インターンが、選考に直結している場合としていない場合がありますが、
外資系企業、ベンチャー企業、大手メーカーなどで1次面接が免除・2次面接が免除になったケースをよく効きます(インターンで内定という話も聞きました)
私自身、インターン枠で2月に内定を貰っていたので、内定を取って就職活動の気持ちにゆとりを持つためにもお勧めです!
 
④ 業界企業の人と直接触れ合うことで、就活前に業界研究が出来る。
サマーインターンやオータムインターンなど、就職活動が始まる前に多くの業界を見てみましょう!
私自身、全く興味なかった金融業界の企業のインターンに行き、自分の予測どおり金融は将来やりたい仕事でないとわかったため、就職活動中に説明会やESなど時間を掛けることなく効率的に業界を絞ることができました。
就職活動中は、本当に忙しいので今時間があるうちにさまざまな業界を体験してみましょう。

Q.インターンって何の為にやるの?

まとめ

インターン行こうかな・・・と迷いがある人は、ぜひ参加しましょう!
さきほど紹介したように、多くのメリットがあります。
実際にインターンに参加した友人は、早期内定獲得していました!
応募するのは無料ですよ~~~

まとめ

あわせて読みたい記事はこちら!

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ