/category/interviewing/post-44145/

面接対策

  • お気に入り
  • 5253SCORE

面接で聞かれる!【座右の銘】の答え方

面接で聞かれる!【座右の銘】の答え方

 
面接でよく聞かれる「あなたの座右の銘はなんですか」という質問。
 
普段から座右の銘を意識して過している人は少ないと思いますが、就活をするにあたっては聞かれる機会も多いので、回答を考えておきましょう。
 
 
ここでは、その質問の意図とともに、適切な答え方について紹介します。

「座右の銘」を聞く理由

 
適切な答え方を見つけるために、まずは質問の意図を考えましょう。
 

企業が採用において最も重視するのは「人柄」だと言われています。
 
その人がどんな人か?どんな価値観を持っているかを採用で一番重視しているのです。
 

「座右の銘」にはその人の価値観や人柄が表れます。
 
そのため、面接で座右の銘を聞くことで、学生の人柄を把握しようとしているのです。
 
 

そして、その人柄・価値観が形成された経緯についても、同じように企業は知りたいと思っています。
 
なぜその言葉が学生の「座右の銘」になったのか、その背景も聞きたいと考えています。

聞かれたら、どう答える?

 
質問の意図がわかったところで、どう答えるのが適切なのか考えていきましょう。
 
 

面接官が知りたいのは学生の「価値観」です。
 
そのため、単なる好きな言葉ではなく、自分の価値観や生き方、判断の核になっている言葉を選びましょう。
 
座右の銘を通して人柄を伝えることが目的ですから、自分の人柄を的確に表現できる言葉を「座右の銘」として伝えます。
 

ただ「座右の銘は一期一会です!」と言っただけでは、人柄は十分に伝わりません。
 
その言葉が座右の銘になった背景、その価値観が形成された過程を伝えることで、面接官に人柄が伝わるのです。
 
なぜその言葉が好きなのか、理由をきちんと答えましょう。
 

より説得力を増し、深みのある回答にするためには、実際にその座右の銘に基づいて行動・判断したエピソードがあるとよいでしょう。
 
座右の銘に基づいて行動した結果、よい成果が得られたという経験を話せば、自己PRにもつながります。

座右の銘を聞かれたとき、答えるポイントは

 
・まず「私の座右の銘は○○です」
 
・「××だからです」
 
・その言葉に基づいて行動したエピソード
 
・行動によって得られた結果や学んだこと
 

座右の銘を聞かれたとき、答えるポイントは

あわせて読みたい記事はこちら

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ