面接対策

  • お気に入り
  • 963SCORE

面接で聞かれる!【学生と社会人の違い】の答え方

面接で聞かれる!【学生と社会人の違い】の答え方

面接でよく聞かれる質問の一つに「学生と社会人の違いはなんだと思いますか?」というものがあります。
 
この質問によって企業側は、学生の「働くことに対するイメージ」を知ろうとしています。
そのイメージを知ることで、仕事に対する考え方や価値観が図れます。
 
そして学生と社会人の違いを明確に認識し、社会人として働く覚悟ができているかを確かめようとしているのです。
うまく答えられないと、まだ学生気分から抜けていないと思われてしまいます。
 
ここでは実際の主な「学生と社会人の違い」と、聞かれたときの答え方について紹介します。

最も違うのは「報酬をもらうこと」

 
学生は授業料を払っているのに対し、社会人は報酬をもらって仕事をします。
 
そこには契約があるので、報酬を得る以上、社会の利益に対し貢献する責任と義務があります。

報酬によって生じる「責任」

 
学生が負う責任は自分個人に対するものですが、社会人が負う責任は報酬をもらっている組織に所属している一員としての責任です。
 
1人の社員の行動が、会社全体のイメージや信用に大きく関わってきます。
仕事以外の場面でも、組織の一員として責任ある行動をとらなくてはいけません。
 
そして責任があることによって、更に学生との違いが生じてきます。

責任① 時間

学生は自由な時間が多いですが、社会人になると時間に縛られることが多くなります。

学生は長期休暇も多い上に、学校を休んでも他人に迷惑はかかりません。
また約束をドタキャンしても、友達に嫌われるくらいで、大きな損失はありません。

社会人は、チームプレーなの

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ