就活編面接対策

面接で聞かれる!【将来の夢】の答え方

面接で聞かれる!【将来の夢】の答え方

 
面接でよく聞かれる質問が「将来の夢は?」「キャリアビジョンを教えてください」です。
 
また、「10年後のあなたはどうしていますか?」など、具体的な年数とともに聞かれることもあります。
 
 
そんなこと聞かれても、まだ働き始めてもないのに…と思うかもしれません。
 
しかしこの質問1つで面接官は、率直な学生の心構えを聞き出し、様々なことを知ろうとしています。
 
 
上手に対策して、面接官が求めるような答えを返すことができれば、大きなポイントとなります。
 
 
面接官がなにを引き出そうとしているのか、その意図を理解して、面接官の意図に沿った回答ができるよう準備しておきましょう。

面接官の意図

 
この質問で面接官が知ろうとしているのは、以下の5つです。
 

・将来目標の中での会社の位置づけ
・企業理解度・仕事へのイメージ力
・会社と価値観が一致しているか
・目標設定力・上昇志向
・目標達成のためのプロセス・努力できるか
 

この質問たった1つだけで、これだけのことが分かってしまうのです。
 
それぞれの項目に対し、どう答えるべきなのか考えていきましょう。

将来目標の中での会社の位置づけ

 
学生の目標への線上に会社の業務・事業が位置する必要があります。
 
目標と、そこまでの道のりにおいて、その会社がマストなのか、他の会社でもいいのか、はたまた会社とはかけ離れているのか。
将来のビジョンの中での会社の重要度が、そのまま志望度として見られます。
 
 
この意図に沿って答えるために、「会社の戦略・目標と一致するような目標」を、具体的に話しましょう。
 
「どんなポジションで、どんな働き方で、会社にとってどんな人物になっているか」と、なるべく具体的に返答することで、将来設計の中での会社の存在感をアピールできます。

企業理解度・仕事へのイメージ力

 
学生の将来のプランを聞きたいだけでなく、この質問で学生がどれだけ企業研究をしてきて企業のことを理解しているか、ということが測られています。
 
ここで抽象的に答えてしまうと、仕事に対するイメージが確立されていないと捉えられ、入社後のことをあまり考えていないと思われてしまいます。
 
 
この意図に沿うためにも、「具体的」な将来像を答える必要があります。
 
もちろんそれが実際の仕事と異なっていては意味がありませんから、企業についてしっかり調べて、どんな部署があり、どんな仕事をするのかイメージを膨らませておきましょう。

会社と価値観が一致しているか

 
将来像から、目標に加え、仕事への姿勢や態度、意欲も見られています。
 
その目標や、仕事への向き合い方が会社の方向性や社風と一致していれば、入社後長く働いてくれるかも、と思わせることができます。
 
会社とマッチしない回答をしてしまうと、価値観が違う、と思われてしまいます。
 
 
ホームページの「先輩社員の声」や、説明会で見た社員の様子、OB訪問などから、その企業全体の仕事に対する意欲や熱意は伝わると思います。
 
それらを参考に、会社に合った将来プランを話しましょう

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ