1.面接の練習を重ねる

何でもそうですが、ぶっつけ本番でうまくいくことはなかなかありません。
緊張しやすい、あがりやすいという人ほど、練習は大事です。
鏡を見て自分を映してみたり、友達や、親に見てもらうのもよいでしょう。
オススメは、学生のための就職支援サービスなどを積極的に利用することです。
そのようなところでは、履歴書の書き方、面接の仕方などをアドバイスしてくれます。
自分なりに練習していると、見えてこない欠点もあるもの。
アドバイザーの意見はとても貴重です。
一回で満足せずに何度も何度も利用してかまいません。
こういったことをするかしないかで、まったく違ってきます。

2.うまく話す必要はない

面接は、話し上手なことが評価されるわけではありません。
求められていることは、前向きな気持ち、やる気があるかということです。
少々言葉が下手でも、一生懸命伝えようという気持ちが大事です。
頭が真っ白になってしまったら「緊張し

新規会員登録はこちら
ページトップ