社会人準備

内定者が入社までにやっておきたい7つのこと

内定者が入社までにやっておきたい7つのこと

 
 
つらくしんどい就職活動も終わり、ひと段落。
比較的早めの時期から準備していた方も、解禁直前になり慌てて自己分析に手をつけた方も、落ち着きはじめるころですよね。
 
さあ、残りの学生生活もあとわずか。
何をするか、もう決まっていますか?
 
ちょっぴり悩んでいる方へ、新入社員として社会人になってからの毎日に繋がる、今学生のうちにやっておくべき7つのことをまとめました♪
ぜひ一度目を通してみてくださいね。

① 卒業する

いわずもがな……といいたいところですが、案外ひやりとした方もいるかもしれません。
私の周りでも、卒業すれすれの単位……なんて方がいました。

当たり前ですが、企業さんに内定もらい入社を決めた以上、卒業は絶対にしてください。

せっかく行く会社が決まっているのに留年で内定取り消し……笑えません。噂によると、卒業できずに報告にいった内定先は、色々と阿鼻叫喚だとか。

② 朝型になる

今までは、時間割やアルバイト先のシフトを自由に組むことができましたよね? 学生というのは自分の手で生活をコントロールできるものです。

その結果、朝は弱いので授業は午後から。夕方からアルバイトに行き、深夜には飲み会に参加し……。
次の日起きたらもうお昼時というのは、学生の特権です。

しかし社会に出ると、裁量の差はあるものの基本的には就業規則なるものが存在します。
一般的な企業さんだと、だいたい9時頃から仕事が始まります。早いと8時台というところも。

そんな日が1週間の半分以上を占めます。通勤時間や支度の時間に差はあるものの、ほとんどの人が毎日1限の時間に起きなければならないことは間違いなさそうです。

これ、来たる4月1日からいきなりできますか?
たぶん相当つらいと思います。

ということで今から社会人になるための準備として、目覚ましを早い時間にセットしておきましょう。
それでも起きられなければ、朝からアルバイトや授業の1限といった予定を無理矢理入れるようにし、生活を計画的に矯正するのもよいかもしれません。

早起きは三文の得とはよくいったもので、慣れると意外に心地よい生活になりますよ。

これは私の印象ですが、総じて仕事のデキる社会人は、朝が非常に早いです。
これを機に、デキる大人、目指してみませんか?

③ 新聞を読む習慣をつける

早起きができるようになったら、今度は朝のうちに新聞に目を通す習慣をつけてみましょう。

社会人にとって新聞に目を通すことは常識です。
新聞というのは、経済や政治から今流行りのネタまで、たくさんのトピックに溢れています。
なかには自分の仕事に直結するような記事もありますから、必然的にチェックすることになります。

社会人になってからいきなり、というのは……これも早起き同様厳しいかもしれません。

今のうちにゆっくりと慣れておくのが

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ