就活の心得・マナー

【455人の就活相談を受けてわかった】就職活動で最初に解くべき2つの誤解(後編)

【455人の就活相談を受けてわかった】就職活動で最初に解くべき2つの誤解(後編)

『人気企業ランキング』に意思決定を左右されてしまう

もうこれが就活の諸悪の根源だと思ってます。
 
 
毎年大手のナビ媒体が発表している
『就活生による人気企業ランキング』
 
 
こういったランキングに意思決定を左右されることなく、
『【誰にとっても良い会社】なんて存在しない』ということに
就活生のみなさんには早く気づいていただきたいと思います。
 
 
今回は、なぜ就活生による人気企業ランキングを見てはいけないのか
という点についてお話したいと思います。
 
 

目的地が違う

当たり前の話ですが、
「こんな人間になりたい」「仕事であんな成果を上げたい」「あんな家に住みたい」
といった、将来の目標はみんなバラバラに持っていると思います。
 
 
例えば、極端ですが
 
「人並みの生活で良いので、安定した生活を送りたい。」
 
という人と、
 
「明日の生活がどうなるかわからなくても、一度きりの人生で自分の限界に挑戦して大きなことをしたい。」
 
という人では、入るべき会社が違います。
もっと言ってしまえば会社に入るべきかという点でも、違った結論が出てきそうですね。
 

目的地が違う

現在地が違う

これまでやってきたことも
人それぞれ全く違いますので
就活生が現時点でできることも違います。
 
 
前の話と組み合わせれば、
同じ目的地であったとしても現在地が違えばこれから取るべき進路・ルートは違ってきますので
その組み合わせの数だけ、無限に、入るべき会社が異なってくるわけです。
 
 
例えば、
国際的な医療問題を解決するために働きたいという同じ目的を持っている人であっても、
仮に
帰国子女で語学は堪能だけれど医療について学んでこなかった人と、
医学部で医学を学び医療技術を身につけたけれど語学についてはなおざりにしてきた人がいたとすれば、
今後に進むべき環境は異なってくるはずです。

現在地が違う

就職活動は”道具選び”

少しまとめますと
「就職活動」ひいては「進路選択」というのは
”道具選び”であるということです。
 
 
目的と現状(現在地)によって、使う道具は違ってきますよね??
 
 
真冬の雪山に登りたければ防寒具やピッケルが必要ですし、
真夏のビーチで遊びたければ水着やパラソルが必要です。
 
それぞれ既に持っている道具が違えば、
新たに選ぶべき道具が変わってきます。
 
 
選ぶべき会社はみんな違って良いのです。
 
 

就職活動は”道具選び”

そもそも就活生はその会社で働いたことがない

目的地と現在地の話とはまた違った視点で
「就活生の人気企業ランキング」の”無意味さ”をお伝えしたいと思います。
 
 
みなさんは「○○ログ」や「□□.com」といった口コミサイトを利用して
飲み会で使うレストランや、生活家電を選ぶときの参考になる情報を集めたことがあると思います。
 
 
どうしてそういった情報を参考にするのでしょうか???
 
 
実際にそのレストランで食べて味わった人や
実際にその家電を買って使った人などの
経験者による口コミ情報が載っているからこそ利用するんですよね?
 
 
タイトルで言っちゃってますが、
【就活生は働いたことが無い】んです。
 
 
当てになるわけないですよね?「就活生の人気企業ランキング」。
 
 
見て楽しむ分には止めませんが、
自分の今後の進路を決める就職活動という大きな『買い物』を
未経験者のイメージによる判断に任せるのはこわくないですか?
 
単純に露出が多いと投票が集まりやすそうなので
「新卒採用につかっている広告費ランキング」の参考値として見るのはおもしろいかも知れません(笑)
 

そもそも就活生はその会社で働いたことがない

じゃあ、どうすればいいか?

簡単です。
経験者に聞きましょう。
 
 
便利な世の中で、
勤務経験者による会社の口コミサイトはいくつか存在しています。
 
すぐに出てくるサイト名ですと、
「転職会議」さんや「Vorkers」さんが有名ですね。
 
 
あとはみなさんの親御さんです。
最近「親確(オヤカク)」という言葉が流行ってはいますが、
親御さんはみなさんの一番の理解者ですし、
大前提としてみなさんのためを思ってアドバイスをしてくれているはずです。
 
また、社会人経験者として大先輩にあたる人です。
 
 

じゃあ、どうすればいいか?

まとめ

冷静になって考えてみれば当たり前のことなのですが、
上記で紹介したランキング等に影響されている就活生が多いことを目の当たりにして驚きました。
 
 
いろんな情報が錯綜して大変かと思いますが、
鵜呑みにせずに、最終的には自分の頭で考えられるかどうかです。
 
情報収集も大切ですが、判断力・思考力を身につけてください。
(その方法まで話してしまうと長くなるので、今回は言及しません。)
 
  
イメージで大事な判断をしないように準備していきましょうね。
 

前編はこちら

 
 
 
この記事がいいと思ったらいいね!してくださいね!
 ↓ ↓ ↓

 
 
『就活ノート』LINE@アカウントでも情報を発信しています! ※スマートフォン・タブレット限定
 ↓ ↓ ↓
友だち追加数

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ