就活の心得・マナー

【こんな就活生は即オチだ!ダメダメ就活生の5つの特徴】

【こんな就活生は即オチだ!ダメダメ就活生の5つの特徴】

1.見た目が派手である

髪の色が派手な茶色であったり、派手なパーマをかけていたり、
スーツの色が派手な学生はすぐに落ちると思ってもいいでしょう。
人事担当者から見れば就活を馬鹿にしているとしか思えません。
その恰好では真剣にその会社に就職したいという気持ちが伝わらないのです。

見た目が派手な学生の対処方法
髪の毛を就活仕様にして下さい。
普段の姿と違うと思うかもしれませんが、
実際に就職する時はやはり社会人らしい服装にしますよね?
それを意識して下さい。
またスーツも受ける業界にもよりますが、一般的なリクルートスーツにして下さい。
自分の個性は面接の発言内容など違う形でアピールしましょう。

2.声が小さく何を言っているかわからない

面接に置いて下を向いてぼそぼそとしか話せない学生は面接に落ちる可能が高いです。
面接官は会話であなたのことを知ろうとしているのです。
それが何を言っているかわからないくらい声が小さくてはやる気がないようにしか見えません。

声が小さい場合の対処方法
面接に自信がないのなら場数を踏んで自分に自信をつけて下さい。
就活塾や学校の就職課なで模擬面接を受けてみてもいいでしょう。
面接は自分の発言が相手に伝わらなくては全く意味がないのです。

3.面接でありきたりの回答しかできない

面接ではマニュアルに書いているような立派なことばかりしゃべっている学生は
すぐに落ちる可能性が高いです。
中身が全くなく、薄っぺらに感じられるからです。
また自分で何も考えず、
ただ表面的に答えているようで全く本音を話しているように感じられないからです。

面接でありきたりの回答しかできない場合も対処方法
自分の体験談を具体的に回答に盛り込むようにしましょう。
そうすることであなたの発言にオリジナリティが出てきます。
面接官はあなた本人の事が知りたいのです。
あなたが実際に体験したこと、あなたが実際に考えたことでなければ全く意味がありません。

4.態度に緊張感が感じられない

緊張をほぐすつもりかもしれないですが、へらへらしている学生がいます。
または友達感覚で接してくる学生もいます。
このような学生は面接官に不快感を与えるのです。
就職の面接なので学生でも社会人としての振る舞いを求められるからです。

態度に緊張感を身に着けるためには
適度な緊張感はあった方がよいということを自覚して下さい。
ごまかして笑うのはここでは通じません。
面接など

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ