/category/ob-visit/post-2703/

OB/OG訪問

  • お気に入り
  • 2875SCORE

【18卒は今のうちに始めたい!!】OB・OG訪問を活用する3つのコツ

【18卒は今のうちに始めたい!!】OB・OG訪問を活用する3つのコツ

 

昨今、世間ではブラック企業がたたかれていますよね。
そのため学生の多くも、ブラック企業に対して抵抗を感じるようになった人が大変多いです。
ブラック企業に当たらない為にも、自分に合った会社を見つける為にも、とても重要になるのが「企業研究」です。
 
その中でも、企業研究の際の有効な手段として、「OB・OG訪問」があります。
OB・OG訪問では、企業研究以外にも得ることができる情報は沢山あります。
と言うわけで、今回はOB・OG訪問の活用方法をご紹介します。
 
 
画像引用:https://gakumado.mynavi.jp/style/articles/9397/outline
 

①企業の理解、企業研究の手段として最大限に活用しましょう

 

OB・OG訪問とは、志望企業で働く大学の先輩を訪ねて、企業の情報を収集することです。
一般的に、企業情報の収集方法としては、就職情報サイトや各企業のホームページなどから得る方法が大半です。
 
 
ただ、これらオープンな情報は、企業が積極的アピールしたい情報であり、企業に取って都合の良い面を主にアピールしています。
つまり、プラスな情報に関してはホームページや就職情報サイトからの収集は容易ですが、マイナスな一面や実際に働く社員の声は反映されにくいのです。
OB・OG訪問をするからには、オープン情報では集めることができない情報をしっかり集めましょう。
OB・OGの方から実際に話を聞くことで、志望度が上がるかもしれないし、逆に「この企業は少し私のやりたいこととは違うかもしれない」と発見できることもあります。
せっかくOB・OGをするのですから、企業研究を完璧にしてしまうくらいの勢いで臨みましょう。
 
 
また、OB・OG訪問で得た企業情報は今後の選考でも役立ちます。
志望企業でのOB・OG訪問で感じた情報を面接で話してみましょう。
面接官にとっても「この学生は、うちの会社のことをしっかり分かった上でエントリーしてくれているな」と好印象を与えることができます。
選考にもプラスに働くはずです。
 
 
 

②OB・OG訪問で印象アップに繋げましょう

 
たとえ自分の先輩、知り合いの先輩だとしても、失礼な態度で臨むことは禁物。
貴重な時間を割いてくれた先輩に対して失礼がないよう、マナーを守ることが大切です。
また、その際の態度によってはあなたの印象が良くなることもあります。
 
 
と言うのも、OB訪問の窓口は、たいてい企業の人事部なのです。
あなたがとても良い学生だとOB・OGの方が感じれば、人事部にもその評判が伝わります。
就職活動に有利に働くかもしれません。
時間には正確に、服装などの見出しなみを整える、言葉遣いや態度などを十分注意し、好印象を持ってもらえるようにしましょう。
 
 

③会社のことだけでなく、就職活動全般について聞いてみましょう

 
この機会に、先輩たちに就職活動の体験談やアドバイスを聞いてみましょう。
 
 
「自分が就職活動するときはどの時期にどういう活動をしていたか」
「何社くらいエントリーしたか」「SPI対策のおすすめ本は?」
「就職相談するなら、どの先生がおすすめか?」
 
 
など聞いてみたいことをあげればきりがないと思います。
全て質問することは難しいでしょうが、優先順位を付けて聞いてみましょう。
先輩の実際の就職活動体験談は、必ず役に立つはずです。
積極的に聞いて、自分の就職活動に活かしていきましょう。
 
 

 
———————–
せっかく時間を割いてOB・OG訪問をするのですから、これを活用しない手はありません。
有効に活用し自分の就職活動に活かして下さい。
 
 

あわせて読むべき記事はこちら

 
 

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ