選考情報・体験談

非鉄金属メーカー【住友電気工業】15卒

【選考方法】
ES・テストセンター・課題レポート→リクルーター×4→人事面接→最終面接→内定

リクルーター面談

【人数】学生1:社員1
【時間】30~1時間
【内容】志望動機、学生時代に力を入れたことをまず話す。その後、逆質問と雑談
【備考】1人目のリクルーターは3月上旬。大学によるが、リクルーター面接は3~4回。時期は人によって異なるが、3月中にリク面を4回する人も居れば、4月に流れ込む人も居る。回を追うごとに社員の年齢、役職が高くなっていく。最後のリクルーター長をクリアすると人事面接に進める。

人事面接

【人数】学生1:社員2
【時間】30分
【内容】持参した履歴書に沿って質問。興味を持ったきっかけや志望動機を中心に聞かれる。形式ばった面接ではなく、どちらかというと雑談に近かった。

最終面接

【人数】学生1:社員2
【時間】30分
【内容】人事面接と同様、持参した履歴書に沿って質問。志望動機の深堀りが中心。これまでのリク面、人事面接の評価通りの人物かの確認みたいな感じもした。

【備考】
結果連絡:リク面時は毎回1週間以内に次の日程の連絡が来た。人事面接と最終面接の結果はその場で伝えられた。

【アドバイス】
リクルーターとの相性が全てと言っても過言ではない。リク面でかなりの数を絞っていると考えられる。リクルーター個人の裁量のため、採用基準はかなり曖昧で不透明。ただ言えるのは、BtoBの目立たない企業であるが故に、興味を持ったきっかけや志望動機についてはとことん深堀りされる。そのため、入念な練り上げが必要。また「芯人類」とあるように、一本筋が通っていて、自ら困難に立ち向かっていくハートの強い人間が好まれるので、そういうエピソードがあると◎。

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ