自己分析

自己PRに自信を持つには?(手のひら理論)

自己PRに自信を持つには?(手のひら理論)

多くの就活生が悩む自己PR。作ってもスッキリ納得できない・・・という人のために、「手のひら理論」という作者独自の理論で、皆さんの就活が少しでも楽しく、自信をもって行えるようお手伝いします。

激務でハードな環境に置かれた時の対処。

これは良い悪いの話ではなく、あくまでも一般論ですが、居酒屋のような飲食店のアルバイトというのは、仕事内容も意外とハードで、しかもシフトをキッチリ組まれてしまうため、バイトは所詮バイト、と考えている学生は長く続かない傾向にあるし、ライフスタイルでプライベートを充実させたい、って思ってる学生であれば、飲食店舗のバイトは避ける傾向も多々あります。 

彼女に聞いたところによると、居酒屋を選んだのは単に接客がしたかったから、であって、何が何でも飲食店!ということではなかったようです。接客と一口に言っても色々な接客があります。居酒屋のホール業務が、Aさんのやりたかった接客のジャンルだったかどうか?は詳しく聞いていないのでよく分かりません。でも激務と厳しさが慢性化している現場というのは、バイトの定着率が悪いものです。

でもAさんは長く続けた訳です。諸事情で辞めざるを得なかった時は、悔しくて仕方なかった訳です。Aさんはどうしてそんな状況にも係わらず辞めなかったのでしょうか?

仕事はキツく大変で、先輩の指導も厳しい状況で、スタッフの空気もすこぶる悪い。こういう環境に、もし皆さんが放り込まれたら、皆さんどうでしょう?どうすると思いますか?

目の前の状況を受け入れる素晴らしさ。

僕なら逃げますね。逃げるというか、ご都合主義で自己正当化して辞めるでしょうね。

「なんでバイトなのに、ここまでやんなきゃいけないんだよー」
「なんであんなヤツにそこまで言われなきゃいけないんだ!ムカつく!」
「あんなことしてるから、みんなすぐに文句言って辞めちゃうんだよ・・・」

なんて言いつつね。少しでもイヤだったらすぐ辞める。今自分で書いていて間違いない!って思いましたね(笑)。でも、大抵の人は辞めてしまうと思いますよ。事実、この居酒屋も人員シフトでいつも苦労していたようですし。

しかしAさんは逃げず一年半続けました。さらに結局辞めてしまったことを悔しいと思っていました。やっている間、仕事は楽しい!とさえ思っていました。これは僕のような自分の安全圏でしか行動を起こさなかった人間からみると、尊敬に値する行為です。

Aさんは、別に無趣味で無味乾燥的な人間ではありません。明るいし、いつも笑ってるし、友達も多いし、買い物も好きでファッションにもこだわりがあり、流行にも敏感。でもバイトの泥臭い仕事に、かなり自分の時

関連記事

新規会員登録はこちら
ページトップ